八つの人生の物語―不確かで危険に満ちた時代を道徳的に生きるということ

  • 13人登録
  • 5.00評価
    • (1)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
制作 : 皆藤 章  皆藤 章  高橋 洋 
  • 誠信書房 (2011年10月19日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (356ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784414428636

八つの人生の物語―不確かで危険に満ちた時代を道徳的に生きるということの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 現代のようにグローバル化が進み、多様な価値観が現れているにもかかわらず、一方ではそれが本当に尊重はされていない中で生きていくのは、ある意味、困難や不確かさが伴うものである。著者は「病の語り」で慢性の病を抱えるクライエントが生きてきた「病の体験」を表してきた精神科医であり人類学者である。「自分の生き方や社会が呈する様々な実際状況の中で、いかに多くの困難や不確かさが伴おうとも、個々にとって真にかけがえのないものを抱き続けることが、生きていく上で真正で有益な在り方である」ことを八つの人生の物語で示されている。人生に答えはないように、この著書にも答えはない。読んで色々な考えを湧かせる本である。医療倫理を考えるにも適した本だとも思った。

全1件中 1 - 1件を表示

八つの人生の物語―不確かで危険に満ちた時代を道徳的に生きるということを本棚に登録しているひと

八つの人生の物語―不確かで危険に満ちた時代を道徳的に生きるということを本棚に「読みたい」で登録しているひと

八つの人生の物語―不確かで危険に満ちた時代を道徳的に生きるということを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

八つの人生の物語―不確かで危険に満ちた時代を道徳的に生きるということを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

八つの人生の物語―不確かで危険に満ちた時代を道徳的に生きるということの作品紹介

ハーバード大学教授、精神科医アーサー・クラインマンが語る本当に大切なものとは何か。

ツイートする