リムレスの空―魚住くんシリーズ〈5〉 (クリスタル文庫)

  • 275人登録
  • 3.89評価
    • (59)
    • (32)
    • (69)
    • (4)
    • (0)
  • 32レビュー
著者 : 榎田尤利
制作 : 茶屋町 勝呂 
  • 光風社出版 (2002年4月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (305ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784415088341

リムレスの空―魚住くんシリーズ〈5〉 (クリスタル文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 魚住くんシリーズ第5弾。
    最終巻。
    魚住と久留米、ふたりの恋愛というより、
    お互いの心の変化と成長がメインな気がする。
    一時的なものではなく、今後も続いていく関係において、
    とても大事な成長だと思う。

    さちのの件を引きずりながらも、前へ進もうとする魚住。
    それを見守る事しかできない歯がゆさに葛藤する久留米。
    微妙なバランスを保ちながら、安定してゆく。
    まさしく、割れ鍋に綴じ蓋。

    「夏の子供」
    魚住が渡米する年の夏のお話。
    魚住がいた園から預かった子供目線で話は進む。

  • 新装版が出版されたので、遠慮無く何度も何度も読み返してボロボロになっているシリーズです。
    元は雑誌「小説JUNE」の投稿作品。第一作目でその世界観から目が離せなくなりました。読んだだけで分かる人物像、風景、心情等、わかりやすさに合わせてグイグイとストレートに感情に突き刺さる文章です。
    BL、耽美などにジャンル分けしてしまうのが残念なほどの良作です。

    心的外傷、PTSDなどとても丁寧に描かれ、悲劇を昇華できるほどに芯のしっかりした物語があります。
    不安定な主人公魚住真澄を支えてるんだか放置しているんだか、でも確実に魚住の中にいつでも住んでいる鈍い男な久留米。ふたりと過去に交際のあったマリ、久留米の部屋の隣に住むインド人留学生サリーム等、魅力のあるキャラばかり。
    当時では(たぶん今でも)珍しい女性キャラが格好良くて惚れてしまいそうです。

    私の中では完結した今でも「物語はどこかで続いて」いるのです。

  • 2010.02.20. 最終巻まで一気読みしてしまった。魚住くんシリーズの中で、1番好きなタイトル。開放感がある。幸せになるんだよ、なれるよと思いながら読む。

    2005.10.09 最終回なんだけど、終わった気がしない。きっとどこかでみんな生きてる気がする。「夏の子供」は、違う視点からみんなが描かれてて、新鮮だったな。実際の施設って、今増えてるしどうなんだろう?なにより、幸せになってるふたりがよい◎

  • 一巻から読んできて、とても感慨深いです。なんだかキャラクターたちと長いお付き合いをしているようでした。

    私もゆるゆると繋がっていたいなあ。人と。

  • <※男性同士の恋愛を扱っています>魚住君シリーズの完結作。「ちいさな魚になって、泳ぎだそう」と決心する魚住の成長を、素直に祝福したくなります。タイトルになっている「リムレス(=ふちのない)の空」のエピソードも秀逸です。

  • 1〜5巻イッキ読み。これでデビュー作なんだから、榎田尤利はスゴイなぁ・・・と。久留米ったらイイ男だし、マリちゃんは素敵だし、サリームのカレーが食べたいし。ラスト、魚住くんが幸せそうで嬉しかったよ。うー、読んでよかった!!

  • 魚住は、とてもきれい。この本が完結しても彼らの日々が続いていくことが、当たり前だけどすごくうれしい。何回でも読めるシリーズでした。

  • 魚住くんシリーズ 5巻目

    ■リムレスの空

    魚住の元カノ響子ちゃんの話を通して、
    「親」について色々語られるお話。
    親がいなくても子は育つけれども、
    アイデンティティーの根幹なのだなあ
    なんて思いました。

    ■アイ ワナビー ア フィッシュ

    魚住に両親やさちのを失ったことによる
    PTSDの症状が現れ始めます。
    ようやく幸せが訪れたかと思ったのに、
    魚住にどこまで試練を追わせるんだろうか・・・。

    そんな魚住を思うように救ってやれないことに
    苦悩する久留米の姿は初めて見ました。
    でも思っているより魚住は強かったです。

    さちのの友達に優しい嘘をつけるようになった
    魚住には感動しました。
    前なら本当のことしか言えなかっただろうに。

    ■夏の子供

    魚住と似た境遇の子供、太一視点の話。
    太一の姿から子供時代の魚住を想像したり、
    太一視点からの魚住や久留米を見るのは
    意外と面白かったです。
    最初はまた新しい脇役出てきた!とか思ってごめんなさい。

    留学を終えた後も二人が続いているらしいこと、
    それなりに幸せに暮らしている様子が垣間見れてホッとしました。
    もちろん、太一のことも。

  • この終わり方は深い。でもなにかスピンでもエピソードでもこの2人の物語があるならもう少し読んでいたかった。いや、足りないくらいがちょうど良いのか。もちろん、新装版でまた2人に会えるんだな。

  • 1巻からここまで読んでいて眉間が痛くなるほど皺が寄ったり号泣したり辛いことがたくさんあったのに、何なんだろうこの気持ちいい涙と読後感。
    あぁ、いいストーリーだったなぁ。やっぱり榎田さんはすごいなぁ

全32件中 1 - 10件を表示

榎田尤利の作品

リムレスの空―魚住くんシリーズ〈5〉 (クリスタル文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

リムレスの空―魚住くんシリーズ〈5〉 (クリスタル文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

リムレスの空―魚住くんシリーズ〈5〉 (クリスタル文庫)の作品紹介

ようやく久留米と恋愛関係になった魚住にアメリカ留学の話が持ち上がる。いまださちの死の影響が大きくPTSDと闘う魚住は大きな不安を覚えるが、久留米との恋が彼の中の何かを確実に変えていた…。幸福も不幸も、出会いも喪失も、強さも痛みも…すべてを見つめる静謐な眼差しの物語、感動の完結。

ツイートする