間の楔〈2〉命動 (クリスタル文庫)

  • 72人登録
  • 3.45評価
    • (6)
    • (5)
    • (21)
    • (0)
    • (1)
  • 5レビュー
著者 : 吉原理恵子
制作 : 道原 かつみ 
  • 光風社出版 (2003年6月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (255ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784415088525

間の楔〈2〉命動 (クリスタル文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  •  前作では、謎のまま終わっていたつながれた男が誰だったのかが、うっすらわかる今回の話。
     描いてあるのは、主にリキの過去。

     リキとブロンディであるイアソンとの出会い。
     そして、運び屋になった理由。
     運び屋としてどんなことをしてきたのか。

     そんなことが描いてありました。
     更に、リキにはまだ明かされていないもっと過去が有るようで、それに繋がるわけもわからない単語がチラホラ。

     運び屋となったリキは、ようやく運び屋としてのあれこれを学び、他の仲間にも認められ、少しずつ仕事をこなすことにも慣れてきた。
     ところが、荷物を運び終わったリキは再びイアソンと再会して、危険を告げる自分の勘を無視して、更にイアソンへと近づこうとする。
     そこで、知ったのは、すべてがイアソンに仕組まれたことだったということ。

     そんな感じで、更に人間関係は複雑化していく。
     設定が複雑な話をきちんと描ききるのは素直に感心します。

     まだまだ知られてない設定がいっぱいありそうなので、続きが楽しみです。

  • 未読

  • 新装版(加筆修正版)

  • イアソンたま^^

  • 新装版。こちらも未読。

全5件中 1 - 5件を表示

吉原理恵子の作品

間の楔〈2〉命動 (クリスタル文庫)を本棚に登録しているひと

間の楔〈2〉命動 (クリスタル文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

間の楔〈2〉命動 (クリスタル文庫)はこんな本です

ツイートする