東京の美しい文房具 (SEIBIDO MOOK)

  • 59人登録
  • 3.20評価
    • (2)
    • (2)
    • (14)
    • (2)
    • (0)
  • 7レビュー
制作 : 成美堂出版編集部 
  • 成美堂出版 (2008年10月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (112ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784415106458

東京の美しい文房具 (SEIBIDO MOOK)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 時間を作って、立ち寄ってみたいと思う文具店がいっぱい!

  • うーん。良い文具本だ^^
    木下綾乃さん、浅尾ハルミンさん、
    土橋正さん、荻野アンナさんと
    4人分の机の上の紹介があるのも楽しいし、
    色ごとに文具を集めてるのも良い。
    和紙から海外の文具メーカーまでとにかくおなかいっぱいの本。
    銀座の文具屋さんめぐりしたいなー
    返す前にお店のメモだけとらなくちゃ><

  • 東京にある、気になる文房具店がたくさん紹介されている。文房具選びが楽しくなるガイドブック。

    みているだけでも楽しい。
    小学校のそばにあるような文房具屋ももちろんいいけれど、本書がセレクトした店はどこもちょっとわざありな感じのところばかり。
    「わざあり」というのは、たとえばスタイリッシュであったり、ユニークであったり、ポップであったりということ。老舗、オリジナル商品の店、輸入品の店。文房具の百貨店みたいな大型店舗もあれば、路地裏に佇むほんの数坪の個人商店もある。

    文房具は日常使う身近なもの。たとえボールペン1本でも自分のこだわりをもって選んだものなら、平凡な毎日がちょっとだけ華やぎそう。

    個人的に気になったアイテム
    ◆伊東屋オリジナル 鉛筆補助軸 379円  ちびた鉛筆はかわいい。でも、書きにくくなったら、この補助軸にさして使おう。
    ◆月光荘画材店のスケッチブック 395円〜  大正6年創業の老舗画材店。スケッチブックだが、ノートとして使っても楽しそう。
    ◆デルフォニックスの木製軸ボールペン、シャープペンシル 各399円〜  11色のカラーバリエーション。自分のラッキーカラーを選ぼう。
    ◆美篶堂のノート、手帳  紙の質感や肌触りまで魅力的な、丁寧に製本された逸品揃い。
    ◆五十音のななくせ(革カバーボールペン)1650円  革が経年変化で味わいが増す。
    ◆ラミーnotoボールペン 1890円  深澤直人デザインでかっこいい!
    ◆MoMA(ニューヨーク近代美術館)のフラワーペン 1050円  花瓶に挿しておけば、造花を飾っているのと同じようになる。おしゃれ。お店はNYに行かなくても、表参道にある。
    ◆サントリー美術館の色鉛筆 特製桐箱装幀 3600円  無垢の木軸に素朴なやさしさを感じる。
    ◆サントリー美術館の皿シリーズ、モノグラム・ノート 各700円  館蔵品をモチーフにモノグラム化して、装丁したノート。渋。              

    ■本書の構成■
    1.文房具に携わるプロともいうべき人々への話
    2.ミュージアム・ショップやセレクト・ショップの文房具
    3.色別文房具
    4.和の逸品たち
    5.ロングセラー商品物語
    6.手作り文房具
    7.美しいインポート・ステーショナリー
    8.オーダーメイド
    9.東京ステーショナリー・ショップ

  • 22APR2009 返却期限
    23MAR2009 1番目
    12MAR2099 2番目/2冊
    16DEC2008 自由が丘ABC

  • あーああー
    また行きたいお店が増えちゃった。

全7件中 1 - 7件を表示

東京の美しい文房具 (SEIBIDO MOOK)を本棚に登録しているひと

東京の美しい文房具 (SEIBIDO MOOK)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

東京の美しい文房具 (SEIBIDO MOOK)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

東京の美しい文房具 (SEIBIDO MOOK)はこんな本です

ツイートする