収納上手にならなくてもいい 片づけのルール

  • 309人登録
  • 3.51評価
    • (12)
    • (31)
    • (31)
    • (8)
    • (2)
  • 31レビュー
制作 : 成美堂出版編集部 
  • 成美堂出版 (2010年9月17日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (128ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784415308623

収納上手にならなくてもいい 片づけのルールの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ためになる

  • どの家も、床に物が落ちていないのが凄い。

  • 2014年1月30日読了。

  • 片付かれた部屋をみても片付けのコツがイメージできない
    同じ出版社の「狭くても、あきらめなくていい収納のルール」と一緒に借りて読んだ。
    日々発生する書類とか雑多なものがありどう片付けたらいいか悩んで本を漁っていた。
    この本では、ブロガーやインテリアデザイナなどの片付けができる人の家の写真が掲載されており、その写真に対してポイントが書かれている。
    片付いた状態の部屋を見るのは参考になるのかもしれないが、あまり自分には役に立たないと思った。既に片付かれている部屋を見てポイントを解説されても自分に適用できなければ意味がない。
    もう少し原則など誰にでも適用可能で汎用的な手法とその適用例などが欲しかった。どちらかというと「狭くても、あきらめなくていい収納のルール」のほうがそういう意味ではあっていたかもしれない。
    片付けのできる人の片付かれた状態を見ても参考にならない。
    写真が多いのは良かった。他人の片付けの状態などやお手本を知りたければ参考になるかもしれない。片付けというよりはインテリア本というほうがあっていると思う。

  • 料理研究家やスタイリストやブロガー、一般人、複数のお宅のインテリアが載っているので、趣味に合うタイプはあるかも。それぞれのルールが分かりやすく書いてあるけど、重複してたり目新しい訳ではなかったり。発見はないものの、まあ再確認はできたかな。

  • 石黒智子さんのリネンシーツを他で使い回す話しは参考になりました。シーツを捨てるときは思い出すことにします。

  • 石黒智子さんの「空腹で、外出しない」というルールはぜひ取り入れたい。
    あと、長年愛用していたリネンのシーツを、IKEAのコットンのシーツに替えたという理由も興味深い。やかんは本当に必要か?も共感。うちはやかんやキッチンマットはとうの昔に排除しました。
    石黒さんの「昔からの形に固執しないほうがいい」という考え方に賛成です。

  • 家が片付いている人が自分に課しているモノの3つルールと実例集。
    非常にすっきり片付けできている家が多いので参考になる。

  • 何度も読んだのが、石黒智子さんのルール。
    ここまで徹底して…は難しいけれど、これからのものとの付き合い方を考えさせられました。

  • 家がすっきり整理整頓されている人は片付け上手!
    様々な方の収納のアイディアではなく、片付けのアイディアを紹介しています。
    自分はよく物をなくすのですが、それは「ものの居場所」が定まっていないから。
    片付け上手な方はみんな「ものの居場所」がはっきりしています。
    そして、片付け上手な方は共通して「ものを捨てる」ことも上手いですね。

    また、片付けとは少し違いますが
    「セレクトアルバム」として1カ月に11枚のみ厳選して印刷ファイリング
    アルバムに入らない古いものは紙箱へ入れる
    というEmiさんの写真整理術はとても参考になりました。

    デジタル時代になり、大量の写真が撮れるようになりました。
    が、やはり写真は印刷しないと見ないんですよね…。
    かといって全て印刷すると予算的に厳しい。

    今までは良い写真をひたすら印刷すればいいかと思っていましたが
    だんだんと選別が面倒になってほったらかしに(^^ゞ
    枚数を決めて印刷するというのは、よくよく考えれば当たり前な考え方かもしれませんが
    自分にはそのようなアイディアは出ず、思わず「なるほど」となった整理術でした。

全31件中 1 - 10件を表示

収納上手にならなくてもいい 片づけのルールを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

収納上手にならなくてもいい 片づけのルールを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

収納上手にならなくてもいい 片づけのルールを本棚に「積読」で登録しているひと

収納上手にならなくてもいい 片づけのルールはこんな本です

ツイートする