車いす犬びすこの一生 (成美文庫)

  • 12人登録
  • 3.50評価
    • (1)
    • (2)
    • (5)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 渡辺やよい
  • 成美堂出版 (2006年10月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (239ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784415400150

車いす犬びすこの一生 (成美文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 漫画家の渡辺やよいさんが、愛犬との出会いから別れまでを綴ったエッセイです。犬とともに暮らした経験がある人には「こんなことあったなー」と共感できる文章がいっぱいです。

    「車いす犬」とタイトルにありますが、「車いす」が登場するのは後半になってから。メインは愛犬との生活と、その中で変化していった筆者自身の生活や犬に対する思いです。

    「今どんなこと考えているんだろ?」とか「気づいてあげられなくてごめんね」という思いは飼い主なら絶対に経験したことが有ると思います
    。本の中では、こうした犬を思いやるシーンがたくさん出てきて共感出来ました。

    愛犬びすこ副作用のつよい薬を飲み、そのせいで意識が混濁ししかも発作も抑えられなかったとき、筆者は投薬をやめようと考え夫に相談します。
    その時の夫の「犬の気持はわからない。でもびすこはお前の犬だ、お前が決めるべきでお前が決めていいんだ。お前の生き方が、犬の生き方なんだ。犬とはそういう生き物なんだ」という言葉が印象的でした。
    きっと賛否両論あるのだと思いますが、一面の真実だと思います。
    飼い主はきっと、犬の気持を思いやることで、実は自分の心に語りかけ見つめなおしているのだと思います。

  • 犬を飼うことについて深く考えさせられる。

全2件中 1 - 2件を表示

渡辺やよいの作品

ツイートする