イラストノートNO.26 (付録付き) (Seibundo mook)

  • 39人登録
  • 4.33評価
    • (2)
    • (0)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
制作 : イラストノート編集部 
  • 誠文堂新光社 (2013年4月23日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (120ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784416113073

イラストノートNO.26 (付録付き) (Seibundo mook)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 「Blue」が出たのって、そんな前でしたっけ?

    誠文堂新光社のPR
    「特集「中村佑介の宇宙」
    20代~30代の女性を中心として圧倒的な人気を誇る中村佑介氏。09年に発行された作品集「Blue」は8万部を突破するほど人気を博しています。今回は、中村氏を全面的に取り上げ彼の作品群を一挙掲載。また、小説家・石田衣良氏との特別対談や「新しい挑戦 横顔の“少年"を描く」メイキングなど、さまざまなな角度から中村氏の人気の秘密を探ります。
    特別付録:A5サイズ「ナカムラユウスケノート」
    インタビュー「“Blue"から“RED"へ伝えたいのは希望の色」:作品集『Blue』に込めた思いを振り返り、そして新たに中村氏が取り組んでいる“次の段階"について語ってもらったロングインタビュー。
    石田衣良×中村佑介 特別対談:06年、石田衣良氏の連載小説『親指の恋人』で扉絵と装画を中村氏が手掛ける。そして12年、書き下ろし作品を加えた短編集『約束』(小学館文庫)で、再び中村氏は石田作品の装画を担当した。実際に会った事はないという2人が、はじめて行った対談は予定時間を大幅に超えて盛り上がった。
    メイキング「中村佑介の新しい挑戦 横顔の“少年"を描く」:『約束』の表紙を飾る装画は、中村氏が初めて“少年"をメインに描いたもの。初公開となる貴重なアイデアラフの数々を中心に、彼が作品を完成させていく一連の様子を紹介する。
    How to Draw “N's GIRL":本人による「女の子の描き方」の徹底解説。
    中村佑介 制作の歴史:画塾へ通った高校時代から13年現在の活躍までを年表形式で紹介する。
    教えて! 佑介さん:読者の皆さんから寄せられた、沢山の質問に中村氏が一つ一つに丁寧に。」

全1件中 1 - 1件を表示

イラストノートNO.26 (付録付き) (Seibundo mook)を本棚に「積読」で登録しているひと

イラストノートNO.26 (付録付き) (Seibundo mook)の作品紹介

●特集「中村佑介の宇宙」<br>20代~30代の女性を中心として圧倒的な人気を誇る中村佑介氏。09年に発行された作品集「Blue」は8万部を突破するほど人気を博しています。今回は、中村氏を全面的に取り上げ彼の作品群を一挙掲載。また、小説家・石田衣良氏との特別対談や「新しい挑戦 横顔の“少年”を描く」メイキングなど、さまざまなな角度から中村氏の人気の秘密を探ります。<br><br>特別付録:A5サイズ「ナカムラユウスケノート」<br><br>インタビュー「“Blue”から“RED”へ伝えたいのは希望の色」<br>作品集『Blue』に込めた思いを振り返り、そして新たに中村氏が取り組んでいる“次の段階”について語ってもらったロングインタビュー。<br><br>石田衣良×中村佑介 特別対談<br>06年、石田衣良氏の連載小説『親指の恋人』で扉絵と装画を中村氏が手掛ける。そして12年、書き下ろし作品を加えた短編集『約束』(小学館文庫)で、再び中村氏は石田作品の装画を担当した。実際に会った事はないという2人が、はじめて行った対談は予定時間を大幅に超えて盛り上がった。<br><br>メイキング「中村佑介の新しい挑戦 横顔の“少年”を描く」<br>『約束』の表紙を飾る装画は、中村氏が初めて“少年”をメインに描いたもの。初公開となる貴重なアイデアラフの数々を中心に、彼が作品を完成させていく一連の様子を紹介する。<br><br>How to Draw “N's GIRL”<br>本人による「女の子の描き方」の徹底解説。<br><br>中村佑介 制作の歴史<br>画塾へ通った高校時代から13年現在の活躍までを年表形式で紹介する。<br><br>教えて!佑介さん<br>読者の皆さんから寄せられた、沢山の質問に中村氏が一つ一つに丁寧に。<br><br><br>●北野武 「ほしのはなし」絵本紹介<br>「だれしもが じぶんの ほしを もっている」<br>初めての絵本に込められた、北野氏の純粋でまっすぐな思い。青い宇宙にきらめく星たちに希望を託したくなるような優しい作品は、どのようにして生まれたのか。その制作秘話を、博報堂エンゲージメントクリエイティブ局の細川剛氏と関根友見子氏に聞いた。<br><br>●Pick Up Illustrator<br>・まよこ<br>・虹原<br>大ヒット中のソーシャルカードゲーム『神撃のバハムート』の専属イラストレーターの2人への特別インタビュー。<br><br>●画材紹介<br>プロのイラストレーターが描く基本をわかりやすく解説する。<br><br>●第14回ノート展結果発表<br><br>●第2回ノート展「キャラクター部門」結果発表<br><br>●第21回TIS BREAK<br>対談:佐々木悟郎氏と近藤圭恵氏

イラストノートNO.26 (付録付き) (Seibundo mook)はこんな本です

ツイートする