骨格とプロポーションからとらえる 動物デッサン: ペットから珍獣まで世界の多様な動物を網羅!

  • 27人登録
  • 4.25評価
    • (2)
    • (1)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 岡本泰子
  • 誠文堂新光社 (2013年6月17日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (191ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784416113196
全1件中 1 - 1件を表示

岡本泰子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
セオドア・グレイ
辻村 深月
中村 佑介
西 加奈子
伊坂 幸太郎
酒井 駒子
伊坂 幸太郎
西 加奈子
有効な右矢印 無効な右矢印

骨格とプロポーションからとらえる 動物デッサン: ペットから珍獣まで世界の多様な動物を網羅!を本棚に「読みたい」で登録しているひと

骨格とプロポーションからとらえる 動物デッサン: ペットから珍獣まで世界の多様な動物を網羅!を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

骨格とプロポーションからとらえる 動物デッサン: ペットから珍獣まで世界の多様な動物を網羅!を本棚に「積読」で登録しているひと

骨格とプロポーションからとらえる 動物デッサン: ペットから珍獣まで世界の多様な動物を網羅!の作品紹介

似顔絵や肖像画、古来は浮世絵の美人画に至るまで、そこにはたたずまい(存在感)という 「らしさ」があります。これは動物を描く際にもあてはまります。「らしさ」を表現するには実際に動物を観察するのが一番ですが、骨格や筋肉のつき方、プロポーションなどの基礎知識を頭に入れておく事で、より早く的確に形を捉えることが出来るようになります。<br>これは著者のもう一つの専門分野である古生物の化石を復元する際、断片的な情報に生命の「らしさ」を吹き込む手助けとなっています。当時の姿を「生き生きと」表現するために著者がサイエンティフィックイラストレーション(復元画)の世界で培ってきた経験をもとに、動物デッサン(スケッチ)の基礎知識や、「らしさ」を表現するために必要なポイントを提供します。<br>骨格を知るために博物館へ足を運び、動物園で動きをとらえる。代表的な動物は全身骨格図、筋肉図を交えて解説。作例として身近なペット動物を始め、大型哺乳類や鳥、爬虫類など多種多様な生物を、クロッキーやスケッチ作品で収録しました。デザイン系の学生に限らず、ペットの愛らしい姿を描きたい方、漫画家を目指す方、またはキャラクターデザインを志す方にも、必須の参考書となるでしょう。

骨格とプロポーションからとらえる 動物デッサン: ペットから珍獣まで世界の多様な動物を網羅!はこんな本です

ツイートする