デザインノート EXTRA good design company 水野学 (SEIBUNDO Mook)

  • 92人登録
  • 4.64評価
    • (10)
    • (3)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 9レビュー
制作 : デザインノート編集部 
  • 誠文堂新光社 (2013年11月18日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (175ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784416113714

デザインノート EXTRA good design company 水野学 (SEIBUNDO Mook)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 読んだからって盗める訳じゃないのが辛いところダワ。。。

    誠文堂新光社のPR
    「水野学の率いるgood design company。彼らはそのデザインの美しさにおいて、マーケティング的見地だけでは計り知れない付加価値と成果をもたらした世界でも数少ないクリエイティブエージェンシーである。
    それはNTTドコモ“iD” 、アディダス、KIRIN,などの企業ブランディングに留まらず、文化的成長戦略を伴った “中川政七商店”のブランディングにも多大な功績を納めている。エンターテイメントやキャラクターの分野においても“ラーメンズ”“くまモン”の成功のほか、多岐に渡りそのクリエイティビティーを発揮している。
    ブランディングと美を融合させたグッドデザインで躍進を続けるアートディレクター水野学とgood design companyの仕事をふんだんなビジュアルで解説する。 」
    good design company
    http://www.gooddesigncompany.com/

  • なんとく気になっていたデザインが水野学氏の物が多く驚きました。
    中川政七商店のパッケージ等多数掲載。

  • 水野学特集。

    たまたま、情熱大陸かなにかで見た後に本屋さんで発見して即購入。

    フィールドが違えど、
    デザインに対する姿勢や取り組み方は
    共感する部分も多く、とても勉強になった。

    センスは経験や知識の積重ねでつくられる。
    そんな言葉がとても若い僕らにとっては励ましになる。

  • デザインとはよくすること。


    世の中を一瞬を彩ることの水面下の世界は深い。

  • 対談が全部よかった。こういう大人の一員になりたいと思う。

  • 本当に一冊ほぼまるごと水野さん特集とは思いませんでした…すっげえ。
    くまモンの人、てイメージもすっかり定着した印象。…と思うと、小山薫堂さんとも対談とかあって良かったのでは、なんて思ったり。
    小林賢太郎さんとの、得難い知己どうし、な感じも微笑ましい。

  • なんてしあわせな対談だろう。なんかよんでるほうがニヤニヤしちゃいそうだわ。いいなあ。
    それにしても、ラーメンズ、ずいぶんみてないなあ。

    ・商品に自信がないとどうしても説明が必要になり、過度な広告になる場合がある。

    ・持っている武器が違う人と組まないと、想像の範囲を超えるものが生まれない

    小山・お金の貯め方、儲け方を説く人はいるけれど、人生はお金の使い方が上手な方がいいと思う。

    とにかく挙げればきりがないくらい。
    全部が全部、ほんとうに読ませるし刺激的。勉強になる!
    私がたぶん今、自分の仕事とは?ってことを考え始めたから余計に入ってくるものがあるのかもしれない。
    いちから見直して、どこを目指してなにをするのか、そのためにできることはなんなのか、しっかり考えなきゃ!

  • ここまで隅々まで、一字一句見逃さず読んだ(見た)のはひさびさ。

全9件中 1 - 9件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジェームス W....
佐藤雅彦
伊坂 幸太郎
ウォルター・アイ...
伊坂 幸太郎
有効な右矢印 無効な右矢印

デザインノート EXTRA good design company 水野学 (SEIBUNDO Mook)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

デザインノート EXTRA good design company 水野学 (SEIBUNDO Mook)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

デザインノート EXTRA good design company 水野学 (SEIBUNDO Mook)の作品紹介

水野学の率いるgood design company。彼らはそのデザインの美しさにおいて、マーケティング的見地だけでは計り知れない付加価値と成果をもたらした世界でも数少ないクリエイティブエージェンシーである。
それはNTTドコモ“iD” 、アディダス、KIRIN,などの企業ブランディングに留まらず、文化的成長戦略を伴った “中川政七商店”のブランディングにも多大な功績を納めている。エンターテイメントやキャラクターの分野においても“ラーメンズ”“くまモン”の成功のほか、多岐に渡りそのクリエイティビティーを発揮している。
ブランディングと美を融合させたグッドデザインで躍進を続けるアートディレクター水野学とgood design companyの仕事をふんだんなビジュアルで解説する。

デザインノート EXTRA good design company 水野学 (SEIBUNDO Mook)はこんな本です

ツイートする