猛毒をもつ生き物たち―毒とは何か?その正体と効果、目的がわかる (子供の科学サイエンスブックス)

  • 22人登録
  • 3.80評価
    • (1)
    • (2)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
制作 : 橘 和夫  子供の科学編集部 
  • 誠文堂新光社 (2010年7月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (93ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784416210031

猛毒をもつ生き物たち―毒とは何か?その正体と効果、目的がわかる (子供の科学サイエンスブックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 危険生物って魅力的。幼い頃はその外見に惹かれていたけど、この本を読むとそれぞれの生物の毒を出す仕組み、毒の強さや作用がよく分かり、感心した。写真も妖しく美しいし、VS形式になっていたりしてエンタメ性もある。なるほど彼岸花の毒はそのように使われたのね。アマガエルにも毒があるなんて。抗生物質の作用を目で見るとなんだか感動。毒は恐ろしいが薬にもなる。オススメ図鑑。

  • 毒を持つ生物(植物も少々含む)について紹介した本。毒の種類からその使用方法まで色々なことが書いてあり勉強になります。子供の科学といいつつ結構高度な内容かと。

全2件中 1 - 2件を表示

猛毒をもつ生き物たち―毒とは何か?その正体と効果、目的がわかる (子供の科学サイエンスブックス)はこんな本です

ツイートする