錯視図鑑―脳がだまされる錯覚の世界

  • 50人登録
  • 3.80評価
    • (5)
    • (4)
    • (5)
    • (0)
    • (1)
  • 9レビュー
著者 : 杉原厚吉
  • 誠文堂新光社 (2012年7月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (199ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784416212653

錯視図鑑―脳がだまされる錯覚の世界の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • どう見ても、下のバナナが大きく見える…。

    どこから見ても、竜が睨んでるっ~~

    (フフフ…。タネを明かせば、こうなんだよ…。)

    と、親切丁寧な図解による説明により、
    脳が視覚によって得る情報のなかで起こす凡ミス(←錯覚)を多々紹介。

    完璧を誇る『脳』にとっての恥ずかしい一面とも言えるかな。^^♪

    (でも、楽しいです!)

  • 色々な錯視をまとめた図鑑。改めて見てみると、本当に色々とあるもんだということが分かる。

    認知心理学や哲学、仏教系の話に、知覚に誤りがありあてにならないことが書かれていても、そんなにしょっちゅうではないように思ってしまうけれども、錯視だけでもこんなにあるとするとやはり知覚が理性をミスリードしてしまうことを予感させるものです。それから著者は錯視しないようにしようという無駄な努力はしないようにとコメントしている。

    錯視が起こる理屈としては、局所的な情報を送るニューロンと大域の情報を処理するニューロンが並行して処理する際に起こるそうだ。また網膜の解像度にも限界があるので、どうしても平滑化の処理が裏で行われて誤差が混入するという話があった。錯視を起こし易い画像を選択するとか、AIとかでも応用できそうな話もあった。

    必要性があったわけでなかったが少し興味が引かれたので図書館で借りてみた。中々面白い内容だった。

  • 面白い

  • 錯視とは、視覚的に起こる錯覚のことで、古典的なものから新しいものまで、その理論と作品が多数存在します。その中からポピュラーなもの、作品がおもしろいものなどを集め、その絵の紹介と、理論的な解説を行います。また、錯視は生活の中に溶け込んでいるものも多く、どのようなものに応用されているのか、また自然界ではどのように存在しているのかなども解説します。
      
    錯覚やだまし絵などの分野の著書を多く手がけている杉原厚吉氏による錯視入門編です。各種錯視がカラーイラスト・写真で多数紹介され、錯視とわかっていても騙されてしまう人間の視覚・脳の不思議を体感できます。理論の部分はさらっと簡単に説明してくれているので、本書は難しいことは考えず錯視の世界に身をゆだねて楽しめばいいと思います。

  • 2013/11/11

    145.5||ス (4階哲学)

    だまし絵・下り坂に見えるのに実は上り坂など、不思議な感覚を覚える錯覚。
    錯覚にもいろいろな種類があります。
    あなたの脳はだまされている!?

  • とっても面白い!
    手元において何度でも読みたい本

    2013/02/09図書館から借用;03/03返却期限が来たので一応読了

  • 貸し出し状況等、詳細情報の確認は下記URLへ
    http://libsrv02.iamas.ac.jp/jhkweb_JPN/service/open_search_ex.asp?ISBN=9784416212653

  • 単純に見ていて楽しい錯視の本。ちょっと工夫すればWordやPowerpointでも簡単に作ることができそう。

全9件中 1 - 9件を表示

杉原厚吉の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
本屋図鑑編集部
佐々木 圭一
東野 圭吾
小野 不由美
村上 春樹
スティーヴン キ...
森田 真生
有効な右矢印 無効な右矢印

錯視図鑑―脳がだまされる錯覚の世界を本棚に登録しているひと

錯視図鑑―脳がだまされる錯覚の世界を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

錯視図鑑―脳がだまされる錯覚の世界を本棚に「積読」で登録しているひと

錯視図鑑―脳がだまされる錯覚の世界はこんな本です

ツイートする