色鉛筆の新しい技法書: なぜ上手に描けないのか、そのポイントがわかるアドバイス付き

  • 43人登録
  • 3.75評価
    • (1)
    • (1)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 河合ひとみ
  • 誠文堂新光社 (2014年10月8日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (175ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784416314357

色鉛筆の新しい技法書: なぜ上手に描けないのか、そのポイントがわかるアドバイス付きの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 河合ひとみさんの色鉛筆画教本です。
    基礎的なことやドリルは『色鉛筆の練習帖』が適していますが、Tipsとしてはこちらがおすすめです。上手くいかない人へ向けたお悩み解決法のようなものです。
    要点がわかりやすいので、ドリルで躓いた人の助けにもなると思いました。

  • 想像の3倍程度の色使いに驚いた。

全2件中 1 - 2件を表示

河合ひとみの作品

色鉛筆の新しい技法書: なぜ上手に描けないのか、そのポイントがわかるアドバイス付きを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

色鉛筆の新しい技法書: なぜ上手に描けないのか、そのポイントがわかるアドバイス付きの作品紹介

色鉛筆の教室を開き、多くの生徒さんの作品を見ている著者の河合さんは、
描き方を一通り教えても、どうしてもあと一歩というところで、上手に描けていない方もいて、
その生徒さんには、いくつかの傾向があると話します。
中でも、「もう少し立体的に見せたい」「質感が出せない」「ツヤツヤ感がない」など、
その対象物の特徴をうまく表現できない人が多いようです。色鉛筆の描き方の本は類書も多々ありますが、
本書は、もう1つうまく描けない人の具体的な問題点を項目にして、その描き方を解説する技法書です。

球や四角柱などの立体感、ガラスや陶器、スポンジ、布ものなどの素材感、
描きやすいテーマ切り(花、葉っぱなどの植物、果物…)などの、
河合さんの参考作品例の掲載のほか、生徒さんの作品とその作品の著者の添削後の作品を掲載し、
読者が客観的にうまく描けないポイントがわかる本にします。

また、今回は、ホワイトワーク(白色の上手な用い方、描き方)など、新しい技法も紹介します。

色鉛筆の新しい技法書: なぜ上手に描けないのか、そのポイントがわかるアドバイス付きはこんな本です

ツイートする