PLAY

  • 159人登録
  • 4.55評価
    • (26)
    • (10)
    • (4)
    • (0)
    • (0)
  • 13レビュー
著者 : 菊地敦己
  • 誠文堂新光社 (2009年5月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (176ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784416609002

PLAYの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 菊地敦己さんのデザインワークをまとめた一冊。
    青森県立美術館のCI、ミナ ペルホネン、サリー・スコットなど。巻末のインタビューがブルーマーク以前の話におよんだり、菊地さんの頭の中を解体したりするような内容で興味深いです。

  • 書棚に見当たらず、どなたかお持ちですか?

  • すごいけど普通の人だなと思った。
    「デザインとは…」みたいにかっこつけて語る人よりずっと好き。
    「身近さを感じさせる人が、よくわからないけどなんか良いデザインする」って最強かもな。その方が信頼できる。
    意味が分からないものもあるけど好きな感じだった。

    「たのしい!」って元気さは無いけど、たしかにPLAYって感じの作品集だった。
    ゲームをプレイするような、身軽に でも真剣に挑戦し続けていくような。

  • 菊池敦己さんのデザインに恋してるんだと思う。
    ってくらい学生生活でいっぱい見た本。

  • どのページも好き。
    何度も見返したくなります。
    素敵で、カラフルで、ハイセンスが
    沢山詰まってる。

  • 菊地さんのデザインは見ていると、身体の力がフっと、抜ける感じがして、とても心地よいです。

  • さすが体芸。あるもんだ。
    中身は知ってる作品ばかりだったけど、何度見てもいいなあ。
    服を売るにしても、服それ自体の魅力以外のはたらきが人を引き付けるのかなとか思ったり。
    本の中でさえウキウキするなら実際の印刷物はとんでもないのだろうか。
    グラフィックトライアル行きたかった…。

  • いやあ、めっちゃ好き。

    前サノケンの菊池敦己の対談を読んだんだけど菊池さんは自分のヴィジュアルを「流りを使ってるだけ」と言っていた。
    確かに「流り」を感じるけど、彼自身が流りの真ん中にいるではないか!と思う。やっぱアートディレクターは先を読む力が早いのだなと感じました。

  • 青がきれい。簡潔できれい。

  • fishing with johnや高木正勝のDVDのデザインや
    横浜トリエンナーレのポスター、ミナ ベルホルンの広告

    ぜーんぶこのヒト
    これは買いでしょ

    個人的にはそのうち
    服部一成の本もだしてほしい

全13件中 1 - 10件を表示

菊地敦己の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
市川 実和子
佐野 研二郎
内田 也哉子
梶井 基次郎
ナガオカ ケンメ...
村上 春樹
有効な右矢印 無効な右矢印

PLAYを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

PLAYを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする