図解でよくわかる農薬のきほん: 農薬の選び方・使い方から、安全性、種類、流通まで (すぐわかるすごくわかる!)

  • 28人登録
  • 3.67評価
    • (1)
    • (2)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 5レビュー
制作 : 寺岡 徹 
  • 誠文堂新光社 (2014年5月23日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (159ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784416614990

図解でよくわかる農薬のきほん: 農薬の選び方・使い方から、安全性、種類、流通まで (すぐわかるすごくわかる!)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 2015年8月新着

  • 昼間は落ち葉の下など人目につかない場所に身を潜め、夜間に活動するので、昼間に農薬を散布しても効果がないのがナメクジ。ナス、シソ、キクに被害を及ぼす。誰もが知っている塩をかける方法は実は効果がない。ナメクジは異物から体を守ろうと体内の水分や粘液を出して小さくなるが、水に入れれば再びもとに戻ってしまう。溶けてなくなるわけでは決してない。病害虫や雑草にはどんなものがあって、どのように農薬を選び、使うのか。そしてその安全性、種類、流通は・・・・・・文系の人間が読んでも十分楽しめる内容。

  • 食育においても、農薬に関する知識は必須です。病害虫や使用する農薬について、わかりやすくまとめてあります。

  • 内容
    ・農薬の種類や効用
    ・散布の時期、散布の際の注意点
    ・農薬の歴史~将来の農薬について

    第一次産業ー農業は高齢化・人材不足問題があります。
    その中で、効率と利益向上のため、農薬散布をすることは当たり前でした。
    ところが、
    レイチェル・カーソン氏が「沈黙の春」を出版し、
    農薬問題は世界に衝撃を与えました。
    人体や自然環境への影響を警告した前著は、自然と農薬との向き合い方を根本的に見直さなければいけなくなりました。

    農業の天敵ー雑草と病害虫
    作物の成長を阻害し、収穫高に影響を及ぼします。
    時期、散布量は決められた範囲内で使用し、人体に影響が出ないように、注意しなければいけません。

    有機農法、無農薬栽培などのブランド化が進み、食の安全が注目されています。
    そういった視点ももう少し記述してほしかったと感じました。

    農薬・病害虫についてのHP情報も載せられていましたので、良心的です。

  • 農薬はなんとなく怖い~と、わからないまま
    怖がってる人、読んで勉強してみる価値あり。
    素人でも判り易いように書かれています。
    興味がない人を引き付ける程には判り易くはないけど(^^;

全5件中 1 - 5件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
朝井 リョウ
ジャレド・ダイア...
又吉 直樹
宮部 みゆき
村田 沙耶香
佐々木 圭一
有効な右矢印 無効な右矢印

図解でよくわかる農薬のきほん: 農薬の選び方・使い方から、安全性、種類、流通まで (すぐわかるすごくわかる!)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

図解でよくわかる農薬のきほん: 農薬の選び方・使い方から、安全性、種類、流通まで (すぐわかるすごくわかる!)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

図解でよくわかる農薬のきほん: 農薬の選び方・使い方から、安全性、種類、流通まで (すぐわかるすごくわかる!)を本棚に「積読」で登録しているひと

図解でよくわかる農薬のきほん: 農薬の選び方・使い方から、安全性、種類、流通まで (すぐわかるすごくわかる!)の作品紹介

現在の農業生産・ビジネスにおいて欠かせない資材である「農薬」。
その「農薬」自体にスポットをあてた本書は、“農薬とはそもそも何なのか”について、豊富な写真や図解を用いながら様々な角度でわかりやすく解説しています。
「農薬以前」も含めたその歴史、上手な選び方・使い方、作物別主要病害虫、流通などの基本知識はもちろんのこと、“農薬の安全性はいま”や“環境保全型農業と農薬”といったアグリビジネスの最前線や、家庭菜園での使い方、農薬だけに頼らない防除法など身近な農薬知識も紹介した、農薬のすべてがわかる一書となっています。

図解でよくわかる農薬のきほん: 農薬の選び方・使い方から、安全性、種類、流通まで (すぐわかるすごくわかる!)はこんな本です

ツイートする