インコの謎: 言語学習能力、フルカラーの視覚、二足歩行、種属を超えた人間との類似点が多いわけ

  • 24人登録
  • 3.67評価
    • (1)
    • (0)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 細川博昭
  • 誠文堂新光社 (2015年1月17日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (144ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784416615355

インコの謎: 言語学習能力、フルカラーの視覚、二足歩行、種属を超えた人間との類似点が多いわけの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • インコと暮らしていますが、この本を読んでから、接し方に深みが出ました。意外な事が分かったりして別の本も読んでみたくなりました。

  • 2015年12月新着

  • 恐竜が進化して鳥類になったこと、脳の構造が人類と違った進化を遂げていることに驚いた。

  • 鳥の誕生から現在のインコの姿を解説。
    インコについて詳しく知ることができる読み物です。
    アイリーン・ペッパーバーグ博士のヨウムのアレックスの話は知らなかったので面白かった。

全4件中 1 - 4件を表示

細川博昭の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

インコの謎: 言語学習能力、フルカラーの視覚、二足歩行、種属を超えた人間との類似点が多いわけを本棚に登録しているひと

インコの謎: 言語学習能力、フルカラーの視覚、二足歩行、種属を超えた人間との類似点が多いわけを本棚に「読みたい」で登録しているひと

インコの謎: 言語学習能力、フルカラーの視覚、二足歩行、種属を超えた人間との類似点が多いわけを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

インコの謎: 言語学習能力、フルカラーの視覚、二足歩行、種属を超えた人間との類似点が多いわけを本棚に「積読」で登録しているひと

インコの謎: 言語学習能力、フルカラーの視覚、二足歩行、種属を超えた人間との類似点が多いわけの作品紹介

現在、大人気ののインコ。インコのことをもっと深く理解したいと思い、人間とインコがなぜ似ているのか、どこが似ていてどこが違っているのか詳しく知りたいと思っても、その答えが書かれた本はこれまで存在していませんでした。本書はそういったインコに関する謎を科学的にやさしく詳しく解説した本です。指紋・掌紋がある、言語学習能力がある、視覚中心の生活、フルカラーの視覚など、行動面・心理面・肉体面共に人間と似ているところをピックアップし、なぜ似ているのかを科学的に解説。また、大きく違っている部分、つばさ、呼吸のシステムなど、進化の過程にもふれつつ解明していきます。

インコの謎: 言語学習能力、フルカラーの視覚、二足歩行、種属を超えた人間との類似点が多いわけはこんな本です

ツイートする