伝わるデザインの思考と技法 雑誌のデザイン (視覚伝達ラボ・シリーズ)

  • 29人登録
  • 3.00評価
    • (0)
    • (2)
    • (1)
    • (2)
    • (0)
  • 5レビュー
制作 : 視覚伝達ラボ編集部 
  • 誠文堂新光社 (2016年10月12日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (159ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784416716489

伝わるデザインの思考と技法 雑誌のデザイン (視覚伝達ラボ・シリーズ)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 大学の図書館本。見ているだけで面白い。特に「&プレミアム」がオシャレだと思った。

  • 貸し出し状況等、詳細情報の確認は下記URLへ
    http://libsrv02.iamas.ac.jp/jhkweb_JPN/service/open_search_ex.asp?ISBN=9784416716489

  • 自分の好きな雑誌の中の人の話がこんなに聞けるのは良書な気がする。何よりも安い。雑誌大好きだな。

  • デザインの話は飽くことがない。

  • 【請求記号】0200:814

全5件中 1 - 5件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
都築 響一
エリック・ブリニ...
エラ・フランシス...
エラ・フランシス...
有効な右矢印 無効な右矢印

伝わるデザインの思考と技法 雑誌のデザイン (視覚伝達ラボ・シリーズ)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

伝わるデザインの思考と技法 雑誌のデザイン (視覚伝達ラボ・シリーズ)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

伝わるデザインの思考と技法 雑誌のデザイン (視覚伝達ラボ・シリーズ)の作品紹介

現代のデザインはターゲットに対して効果的に、スピード感を持って情報を伝えるという機能を求められています。

そこで、「視覚伝達ラボ・シリーズ」では、文字組、タイポグラフィー、写真、色、特殊加工などの見た目のデザインはもちろん、見る者の心理や、媒体の持つコンセプトなどからも、いかにターゲットに有効に伝えられるかをデザインした者の生の声から追求しています。

同シリーズ第一弾として『雑誌のデザイン』をテーマとして、読者が思わず手にしたくなる表紙や何度も読みたくなる、ロングリスナーにさせるデザインとは何かを解説します。

現在、デザイン面でも評価が高い雑誌を取り上げ、それをデザインするアートディレクターたちのスキル、マインドをふんだんなビジュアルを持って表現します。

登場するアートディレクターと編集者は、『アンド プレミアム』編集部+中津創一郎、尾原史和[soup design]、村田錬[Brown Design]、小宮山秀明、齋藤荘司朗[store inc]、『wired』編集部+藤田裕美、岩淵まどか、峯崎ノリテル[(( STUDIO)) ]+正能幸介[(( STUDIO)) ]、山田太郎[Ampersands]、西山勲、長澤均[papier colle]An Extra Chapter 雑誌の時代を創造したアートディレクターたち text│長澤均

伝わるデザインの思考と技法 雑誌のデザイン (視覚伝達ラボ・シリーズ)はこんな本です

ツイートする