安保徹の食べる免疫力―美・医・食同源 病気にならない最新の食事セラピー (特選実用ブックス COOKING)

  • 89人登録
  • 3.69評価
    • (6)
    • (11)
    • (14)
    • (1)
    • (0)
  • 14レビュー
著者 : 安保徹
  • 世界文化社 (2005年1月13日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (160ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784418053032

安保徹の食べる免疫力―美・医・食同源 病気にならない最新の食事セラピー (特選実用ブックス COOKING)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 免疫力を上げてガンにならない、またはガンを自分で治す
    でおなじみの安保徹先生(青森県津軽郡出身)監修の料理本。
    美・医・食同源
    免疫力アップの三大ポイントは生き方・食事・呼吸

    ・免疫のしくみ、メカニズム
    ・自律神経のコントロール

    ①「丸ごと食品」を食べる ②発酵食品を食べる
    ③食物繊維で腸を活発に ④「いやいや食品」で排泄反射を刺激
    ⑤体温を上げる食事をとる ⑥適量の水分をとる
    ⑦年齢に応じて食を選ぶ ⑧神経質にならず、楽しく食べる

    玄米がやはりいいみたい。
    私の場合、特に気をつけなければならないのが⑤の
    体温を上げること。
    温性、熱性のパワーがあるものを取ること。

    自分の好物が「寒性」や「涼性」のパワーが多いことに
    驚いた(-_-;)病気をしてから色々と気をつけているけど
    まだまだいけないなー…と実感しました。

    いい勉強になります。

  • 演繹力を高めるお料理レシピが満載。免疫学の権威安保教授のお勧めするお料理レシピ本。

  • 2/12 350

  • 配置場所:摂枚普通図書
    請求記号:498.583||A
    資料ID:50401378

  • 簡単料理もたくさん。

    毎食毎日玄米という訳にはいかないけれど、おかずも簡単料理がたくさん掲載されて活用度大。

    食材に対する基礎もしっかり学べる一冊。

  • 食事は栄養士の立てた献立。昔ながらの素材を使った体に良い料理。結構手間がかかる。入れ歯や差し歯ではなく、「妻に言ってつくらせる」人には苦もないだろう。安保先生の免疫のお話、爪もみ等、トピックが少々。


  •  一冊そばに置くと心強い、役に立つ

  • 玄米とオクラとか鮭そういったシンプルなものがとても美味しそうに見える。
    雑穀米好き。自炊するようになったら是非活用したいと思う。
    「体が求めるものを食べるのが正解」

  • 免疫をつけるために玄米中心にした食事がいいと主張されている安保先生が監修された料理の本です。健康によいレシピがたくさんあるので、便利です。

  • バランス、それは宇宙の方程式と言っていいかもしれない。
    健康もバランスが要。
    免疫力に関していえば、交感神経と副交感神経のバランスが大事。
    どちらかに偏るのはダメだという。
    これを読めば人の体の凄さを実感し、ありがたみが増し、もっと体を大事にしようという気にさせてくれる。

全14件中 1 - 10件を表示

安保徹の作品

安保徹の食べる免疫力―美・医・食同源 病気にならない最新の食事セラピー (特選実用ブックス COOKING)を本棚に登録しているひと

安保徹の食べる免疫力―美・医・食同源 病気にならない最新の食事セラピー (特選実用ブックス COOKING)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

安保徹の食べる免疫力―美・医・食同源 病気にならない最新の食事セラピー (特選実用ブックス COOKING)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

安保徹の食べる免疫力―美・医・食同源 病気にならない最新の食事セラピー (特選実用ブックス COOKING)を本棚に「積読」で登録しているひと

安保徹の食べる免疫力―美・医・食同源 病気にならない最新の食事セラピー (特選実用ブックス COOKING)はこんな本です

ツイートする