バレエの鑑賞入門 (ほたるの本)

  • 24人登録
  • 3.64評価
    • (2)
    • (3)
    • (6)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
制作 : 渡辺 真弓 
  • 世界文化社 (2006年11月11日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (144ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784418062522

バレエの鑑賞入門 (ほたるの本)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ストーリーや表現方法など、初めてバレエを観に行く方
    にもオススメ!
    もちろんバリバリやってる方にも!!!

  • 情報量は結構多いが、新書館のバレエ本に比べて文章やレイアウトがかなり野暮ったい印象。写真も「どうしてこんな写真で1ページ使うの? もっときれいなのがあるでしょうに。」と思ってしまうようなものが多い。撮影は新書館でもよく載っている瀬戸秀美なので、きっと編者のセンスなんだろう。

  • 感想はメインブログの<a href="http://blog.livedoor.jp/akkochama3/archives/2008-10.html#20081001">コチラ</a>

    なんとお取引先のご招待で小林紀子バレエシアターの公演を観にいくことに!
    ウキャッ!嬉しい♪

    10月19日
    小林紀子バレエ・シアター 「バレエの情景」「ザ・レイクス・プログレス」(”レイク”放蕩児の生涯)、「パキータ」 【ゆうぽうとホール】★島添亮子、大森結城、後藤和雄、横関雄一郎、中尾充宏、冨川祐樹、中村誠、高橋怜子  

    メモっとこ。
    19世紀ナポレオン占領下のスペインを舞台に、ジプシーにさらわれた娘パキータが、成長して自分の身の上を知り、
    貴族のリュシアンとの恋がかなう物語。ロマンティックバレエの名作に数えられている。

全3件中 1 - 3件を表示

バレエの鑑賞入門 (ほたるの本)の作品紹介

『白鳥の湖』『眠れる森の美女』『ジゼル』…。おなじみ30作品を写真とあらすじで解説。さらにダンサー名鑑や劇場案内、基礎知識など、鑑賞に役立つ情報が満載。

バレエの鑑賞入門 (ほたるの本)はこんな本です

ツイートする