池澤夏樹の旅地図

  • 119人登録
  • 3.93評価
    • (16)
    • (8)
    • (17)
    • (1)
    • (0)
  • 12レビュー
著者 : 池澤夏樹
  • 世界文化社 (2007年3月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (392ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784418075041

池澤夏樹の旅地図の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 池澤夏樹といえば、辺境をテーマに歩く人というイメージだったので、フランスに移住した時はちょっと意外だった。ただ、沖縄にいることがつらくなったのかもしれないな、と薄々感じてはいた。沖縄は魅力的だけど、深く知れば知るほどつらくなる。本書の新城和博との対談でここ数年の沖縄ブームは、「商品化された沖縄」の「消費」だ、という。沖縄にはヤマトにないもの、ヤマトが失ったものがある、それを見つけたい、伝えたいと思っても、ヤマトンチュの手に渡ってしまうとそれは商品化され消費されてしまう。池澤さんは、政治、文化、さまざまな面から、沖縄とヤマトをコミットさせようとしてきたけれど、どこか限界と虚しさを感じてしまったのではないだろうか。浮かれたように沖縄への移住を夢見るたくさんのナイチャーたち(私も含めて)は、「沖縄イメージ」を食べてお腹がふくらめば、それでいいのだろうか。ところで私は、どこかに出かけると、いつも「この土地に住んだらどうなるだろう」と考える。寒い土地、暑い土地、海の近く、山の中、ビルの谷間、街外れの郊外…そこで暮らすとはどういうことか、を考える。どこに住んで、どんな仕事をして、どんなものを食べて、どんなふうに遊ぶか、けっこう具体的かつ本気で考える。池澤直樹にとっての「旅」も、同じものだと本書で知って、腑に落ちるものがあった。

  • 大野さらささん

  • 旅というものを今一度考えさせられる本。

    昔の日本人は土地を放棄することは犯罪であり、その中で放浪を許されている者は、芸人と、ある種の職人、そして聖職者のみだった。彼らは旅を生業とし、生きていた人たちだった。

    趣味で旅行をすることに対しての違和感と、
    観光開発においてその土地が失う大きなもの、
    お金の使い方 旅のスタイル 人生のスタイル
    「いるべきでない場所にいる」という彼の矛盾

    「酸素と窒素と神様でできている土地」
    個人的にこの言葉にやられました。

  • 各地に居住する作家。

    著者の移動癖は周知の事実であり、本書は各地での随筆・インタビュー集である。
    私は彼の随筆にはとても感じ入るところがある。
    それは人目につかないところで、ひっそりと水が流れているような情景だ。
    廃墟、苔むした遺跡、感謝のための祈り。

    一個人の体験に普遍はない。けれど、一個人の見たものには普遍があるかもしれない。
    だから、旅することが目的ではなく、旅で何を見るかが目的となる。



    水の中のアジア

  • 友達にあげました
    友達がNYに行くというので。。
    本当によかった

  • 非常に読みたい。

  • 池澤さんの作品を手に取る時、今度はどんな美しい言葉や世界に出会えるのか、期待と緊張で背筋が伸びる。それは読み終えた時に、しばらく余韻から抜け出せない事が予想出来てしまうから。この作品も「旅」が題材ではあるけれど、一般的な旅行記ではない。旅を通して見つめる自分や社会が主題になっている。旅経験の少ない私にとって、池澤さんの作品に登場する場所は未知である分、とても魅力的だ。特に本作は写真も多數掲載されているので、文章とともにより想像力をかきたてられる。私が一番好きな作品の舞台に一度は行ってみたいと、改めて思わせられる。

  • 沖縄の写真を眺める。

    酸素と窒素と神様で空気ができている島。

  • 私も英語が話せたらなぁ〜〜

  • 作家の池澤夏樹が、旅、自身の人生観、果ては人類の文化についての考察までを語ったエッセイやインタビュー、書評などが静謐な印象の写真と共に収められた、池澤夏樹のエスプリに満ちた贅沢な一冊だ。
    私は彼のイラク旅行記「イラクの小さな橋を渡って」しか読んだことがないので(その一冊で、彼の感性や考え方に俄然興味を覚えたのでこの本を手にとった。巻末の著者のブックガイドを読んで、他の小説も読んでみたいと思う)わからない部分も多いのだけど、インテリな感じや、繊細さ、深く深く潜るように考える姿勢が伝わってきた。
    すべての考えに賛同するわけではないけど、旅や土地に対するスタンス、「日本人」「日本」に対する考え方は、共感する。
    こういう人が父親だったら、どんな気分になるんだろう。

全12件中 1 - 10件を表示

池澤夏樹の作品

池澤夏樹の旅地図を本棚に「読みたい」で登録しているひと

池澤夏樹の旅地図を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

池澤夏樹の旅地図を本棚に「積読」で登録しているひと

池澤夏樹の旅地図はこんな本です

ツイートする