三国志 諸葛孔明 (ゼブンアリババ文庫)

  • 11人登録
  • 3.40評価
    • (0)
    • (2)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
  • 世界文化社 (2008年9月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (216ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784418085231

三国志 諸葛孔明 (ゼブンアリババ文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 史書や演義の記述から、あまり逸脱すること無く描かれています。
    よくある、超人的でクールな天才軍師というよりは、どこかあたたかみのあるキャラクターデザインです。
    偉人が身近に感じられるようで、好感が持てました。
    また、孔明の少年期に、(20数ページですが)きちんと紙面を割いてあるのがgoodでした。

  • 赤壁の戦い以降のことが、学べた。関羽が孫権に殺され、張飛も部下に裏切られ殺され、劉備が復讐の鬼になり、敗戦して病に陥り、亡くなるという悲しい結末を迎える。息子に継承されても、孔明が南下し、支配しに行くが途中で、馬謖を斬るなど泣いて馬謖を斬るといった名言も生まれる。
    その後、魏の司馬仲達との、戦いの果てに孔明も病の床に伏せる。54歳で亡くなるとは、早いものだが、死んでもなお、死せる孔明、生ける仲達を走らす。という名言が生まれるほど、司馬仲達にも一目置かれていた存在であった。

全2件中 1 - 2件を表示

著・画=石ノ森章太郎の作品

三国志 諸葛孔明 (ゼブンアリババ文庫)を本棚に登録しているひと

三国志 諸葛孔明 (ゼブンアリババ文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

三国志 諸葛孔明 (ゼブンアリババ文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする