燃えカレー ― 代謝を上げる!家庭でできる薬膳レシピ

  • 10人登録
  • 4.00評価
    • (3)
    • (1)
    • (1)
    • (1)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 朝比奈千穂
制作 : 川嶋朗  川嶋朗 
  • 世界文化社 (2010年7月7日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (96ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784418103119

燃えカレー ― 代謝を上げる!家庭でできる薬膳レシピの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 今年は7月21日が土用の丑の日。そう、うなぎの日です。例年うなぎの蒲焼を召し上がるかたが多いと思いますが、こんなうなぎのいただきかたもあります。うなぎとカレー、意外な組み合わせですが、夏の疲れを吹き飛ばす最強メニューを今年は試してみませんか?

     * * *

    [うなぎとトマト、卵のスタミナカレー炒め]
    ■材料(2人分)
    うなぎ(蒲焼き) 1尾
    トマト 1個
    卵 2個
    にんにく(みじん切り) 大さじ1
    カレー粉 小さじ1
    酒 大さじ1
    サラダ油 適量
    五香粉 小さじ1/2
    塩 少々
    三つ葉 1/3束

    ■作り方
    [1]うなぎは1cm程度の幅に切る。トマトはくし形に切る。
    [2]カレー粉は酒で溶いておく。卵は割りほぐす。
    [3]フライパンに油をひき、にんにくを炒める。ここに[2]の溶き卵を加え、半熟状の煎り卵をつくり、一度皿に取り出す。
    [4]フライパンに油を足し、うなぎ、トマトを加えて軽く炒め、[2]のカレー粉、五香粉、塩で味を整える。
    [5][4]に[3]の煎り卵をもどし入れ、ひと混ぜしたら器に盛る。
    [6]3cmほどの長さに切った三つ葉を添える。

    ☆食材クローズアップ:うなぎ
    一年中見かける食材ですが、夏のスタミナ食材の代表選手です。胃腸の働きを補い、血液の流れをよくします。~『代謝を上げる! 家庭でできる薬膳レシピ 燃えカレー』より

     * * *

    シンプルなのにパンチのあるレシピ、いかがでしょうか。蒲焼が残ってしまった際のアレンジ料理にもおすすめです。

  • レシピだけでなく、漢方の考え方を少し学べます。

全2件中 1 - 2件を表示

燃えカレー ― 代謝を上げる!家庭でできる薬膳レシピを本棚に「読みたい」で登録しているひと

燃えカレー ― 代謝を上げる!家庭でできる薬膳レシピを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

燃えカレー ― 代謝を上げる!家庭でできる薬膳レシピの作品紹介

漢方の基本的な考え方のひとつ「五行説」をベースに家庭で簡単に作れるように考えた薬膳カレーの本。本格カレーからカレー風味の炒めもの、サイドディッシュまで60レシピ。

燃えカレー ― 代謝を上げる!家庭でできる薬膳レシピはこんな本です

ツイートする