ハプスブルク家「美の遺産」を旅する 改訂新版 (家庭画報特別編集)

  • 15人登録
  • 4.00評価
    • (2)
    • (0)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
制作 : 南川三治郎 
  • 世界文化社 (2011年1月21日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (136ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784418112012

ハプスブルク家「美の遺産」を旅する 改訂新版 (家庭画報特別編集)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 愛称「シシィ」の名で今も愛される皇妃エリザベート。絶世の美女として語り継がれる彼女ですが、美しさのために費やした彼女の日々の記録が残っているそうです。その記録に書かれた美の秘密とは――。

     * * *

    (皇妃エリザベートは)身長172cm、体重47~50kg、ウエストは50cm前後であった。

    常にダイエットと運動することは怠らなかった。その一部を紹介してみよう。好物はミルク、チーズなどの乳製品。果物、アスパラガス、牛肉、キャヴィア、牡蠣などのほか、蜂蜜、卵、ラスクなど。肉搾り器で肉汁のみを摂取する方法をとったりしている。ケーキやアイスクリームといった甘いものや、シャーベットを好んだ。

    その好みも極端に偏っていて、ある日にはミルクだけとか何日も果物のみという日もあり、ボヘミアやハンガリーのミネラルウォーターが良い、と聞いては取り寄せたりもしている。

    あまりのことに、夫であるフランツ・ヨーゼフ皇帝は「どうか、きちんと栄養を摂り、薬やミネラルウォーターにばかり頼らず、生活を正してほしい」という旨の手紙を旅先の妻に書き送っている。栄養失調気味で骨粗鬆症となり、リューマチ、胃カタルに繋がってしまった。

    美容のほうは、すみれのローション。卵黄の顔パック、仔牛肉のパック、いちごの実をつぶしたパックなどで顔の手入れをしていた。髪の長さは膝下まであり、髪結い師であったファニ・ファイファリックが毎日2時間かけて結い上げ、独特のヘアスタイルを生み出した。

    洗髪は3~4週間に一度で、卵黄とコニャックが使われ、艶を保つためには、ひまし油やマカッサルオイルなどが使用されている。

    (中略)

    体操(エクササイズ)は理想的体重保持には欠かせられないもの。王宮内にもその道具を取り付けさせて励んでいた。乗馬・水泳・フェンシングに凝ったが特に乗馬を好み、そのためにアイルランドまで何回も出かけている。

    早足で何時間も歩くことも運動のため不可欠で、とりわけ旅先では頻度が高かったので、ついに女官のほうがついていくことができないほどだった。

  • 写真がすごく豊富なので、おもしろい。
    王冠とかめっちゃ煌びやかww

    食器とかすっごいキレイで見とれてましたww

全2件中 1 - 2件を表示

ハプスブルク家「美の遺産」を旅する 改訂新版 (家庭画報特別編集)を本棚に登録しているひと

ハプスブルク家「美の遺産」を旅する 改訂新版 (家庭画報特別編集)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ハプスブルク家「美の遺産」を旅する 改訂新版 (家庭画報特別編集)を本棚に「積読」で登録しているひと

ハプスブルク家「美の遺産」を旅する 改訂新版 (家庭画報特別編集)はこんな本です

ツイートする