歴史を動かした武将の決断 その時、名将たちは難局をどう打開したか

  • 14人登録
  • 2.83評価
    • (0)
    • (1)
    • (3)
    • (2)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 津本陽
  • 世界文化社 (2011年7月12日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784418115082

歴史を動かした武将の決断 その時、名将たちは難局をどう打開したかの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 戦国の雄と呼ばれる者たちは、苛烈な近親相克を乗り越え、非常な決断をしなければ、生き残ることなどできなかったのである 秀吉の武器は底抜けの楽天家のような明るさである 彼らは自らの運命の展開を望んで、涙を振るって断行した

  • 歴史小説の大御所が武将の決断力と能力をジャッジ。武田や上杉が突出して明智光秀あたりが低いですが命を懸けた武将たちの判断を平和に生きる我々が判断していいものやら。

  • 戦国武将それぞれの生き様や采配についてどう思うかは人それぞれで、あくまで作者の個人的な見解である。まあ、あくまで軽く読むつもりで。しかし、上杉景勝&直江兼続の評価の低いこと・・・大河ドラマになったとはいえ、仕方のないことか。自分の中では、やっぱり最後まで家康に対抗した真田幸村。最近ではとあるゲームなどで妙な評価を受けているので、あまり気に入らないが・・・。

  • 「作家・津本陽が語る、戦国武将に学ぶということ」

    人生で苦渋の決断を迫られたこと、あなたは何度ありますか? 戦国武将は何百回、何千回と生と死の狭間で決断をして生き抜きました。その生き様を鮮やかに描き続けている歴史小説の名手・津本陽氏が、戦国武将に生き方についてこんな文章を書いています。悩み、惑い、苦しんでいるかたにぜひ読んでいただきたい、深い深いお話をお届けします。

     * * *

    人生を渡っていく上で、右へ行くか左へ行くか、進むべきか退くべきか、苦渋の決断をしなければならないときが幾度かやってくる。
    人の運命は、そのときの対応の仕方で上昇するか下降するか、繁栄か破滅かが、決まってしまう。決断したことによって、心に深い傷が残っても、生き抜くためにはやむをえない。最愛の人であっても見捨てねばならないことがある。

    織田信長、伊達政宗は家中の分裂を防ぐため、弟を殺した。正宗の弟はまだ幼かったので、彼の心中には深い後悔が宿った。

    徳川家康は信長から、妻の築山殿と長男信康に、武田家に密通の疑いありとして殺害を命じられた。家康は愛する2人を殺すに忍びず、一時は信長との決戦さえ考えたが、冷静に判断すると、まったく勝てる見込みがなかったので、家来に命じ、妻を斬殺させ長男を切腹させた。

    現代のわれわれであれば、自分が死んだほうが楽だと思われるような、つらく厳しい決断である。だが、彼らは自らの運命の展開を望んで、涙を振るって断行した。

    戦国武将が野戦に出陣したのち、状況が予期しない変化をあらわすことがある。どれほど用心深く偵察をして、敵の動きを把握したと考えていても、突然思いがけないきっかけで、破局が眼前に迫ってくることがある。

    敵の状況を100パーセント探知するのは不可能で、せいぜい50パーセントを知れば、よほど慎重であると見てもいい。敵が法螺貝を吹き鳴らし、戦鼓を騒がしく打っている。間近な距離に迫っていて、いま攻撃をはじめなければ戦機を失う。

    眼前に道が3本に分かれている。行く手には霧が立ちこめていて、敵の位置がわからない。そのとき、どの道を進むか、わが全存在を賭けて行先を決めねばならないのが、指揮官である。

    指揮をとる武将は、それまでの経験のすべてを生かし、わが進む道を選ばねばならない。選択を誤れば、破滅の渕に逆落しである。的中すれば、大戦果が得られる。

    指揮官も兵も、おなじ危険にさらされる野戦において、生死の確率は50パーセントである。野戦に十度勝ち抜いた者は、かなりの力量があり、運に恵まれた者である。

    ただ、運に恵まれていても、優柔不断であれば、好機に乗じることができない。松下幸之助は晩年に至っていった。
    「私の成功は幸運が95パーセント、努力が5パーセントであった」
    味読するに足る言葉である。~津本陽『武将の決断』より

     * * *

    武将たちのように、命のやりとりをするような局面は現代にはありませんが、生きることはどの時代においても同じこと。何を重んじ、何を守り、何のために生きるのかを問い続け、長い長い時間を人は歩んできました。あなたもその一員です。たくさんの先人がその問いを抱え、迷いながら生きてきました。あなたなら、その問いにどう答えますか?

全4件中 1 - 4件を表示

津本陽の作品

歴史を動かした武将の決断 その時、名将たちは難局をどう打開したかを本棚に登録しているひと

歴史を動かした武将の決断 その時、名将たちは難局をどう打開したかを本棚に「読みたい」で登録しているひと

歴史を動かした武将の決断 その時、名将たちは難局をどう打開したかを本棚に「積読」で登録しているひと

歴史を動かした武将の決断 その時、名将たちは難局をどう打開したかの作品紹介

織田信長をはじめ戦国武将たちの骨太な人間ドラマを多数描いた津本陽が、リーダーとして必要とされる「決断力」「闘争力」「先見力」「統率力」「観察力」の5つの力で名将たちの器量を評価。長年培ってきた深い人間洞察力で採点した戦国大名33名の通信簿を初公開する。生と死が紙一重の時代を生き抜いた男たちの決断に焦点を当て、自らの運命を切り開いた歴戦の勝負師たちの魅力に迫る。

歴史を動かした武将の決断 その時、名将たちは難局をどう打開したかはこんな本です

ツイートする