からっぽの くつした (サンタさん ありがとう! )

  • 50人登録
  • 3.94評価
    • (5)
    • (7)
    • (4)
    • (1)
    • (0)
  • 8レビュー
制作 : レベッカ・コッブ 
  • 世界文化社 (2012年11月2日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (48ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784418128143

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
にしまき かやこ
マージェリィ・W...
酒井 駒子
ユージーン トリ...
あいはら ひろゆ...
馬場 のぼる
おおで ゆかこ
蜂飼 耳
有効な右矢印 無効な右矢印

からっぽの くつした (サンタさん ありがとう! )の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • [江戸川区図書館]

    クリスマス本コーナーにあった一冊。どうやらいい子×ちょっと世話の焼けるいたずらっ子の双子の女の子に対して、サンタさんが用意するプレゼントについてのお話。

    普段はいたずらっこで、とうとうサンタさんにも「からっぽのくつした」を用意されてしまったチャーリーは????

    サンタさんの「いい子レーダー」、うちにも欲しいわ。。。。

  • クリスマスを前に絵本を手にした。
    クリスマスは、その日までの過程で、
    子どもにも、大人にも、
    いろいろな想いを抱かせる。
    双子でも、そうでなくても、
    子どもたちのかかわりから、
    優しい気持ちが育まれる。

  • 表紙の印刷がきれい。レベッカ・コップさんの描くちょっと情けなかったり、意地っ張りだったりする女の子の表情がかわいい。

  • 今年一番いいなぁって思ったクリスマス絵本。見た目はそっくりなのに性格は違う双子サムとチャーリー。いたずらっこのチャーリーはいっぱい悪いことをしたのでサンタさんが…。思わぬハプニングから優しさが伝わるあったかいお話。
    ノートの落書きっぽさがより可愛く、親近感がある絵がすごくいい。見返しのたくさんのプレゼントも、食べ過ぎなトナカイがまじっているとこも、表紙のツリーもどのページをみてもとっても好きなので、自分へのクリスマスプレゼントに欲しいな〜。サンタさん、私の靴下もからっぽだよー。

  • サンタさんは、よい子にしていなかった双子の一人に、プレゼントをあげないはずが、
    間違って、いい子にしていたもう一人にあげちゃって・・・。

    先にめを覚ましたよい子にしていなかった子が、それを見て・・・!?

    心が暖かくなる素敵な話。

    絵もかわいい!

  • いろいろ衝撃的
    物議をかもす

    双子の女の子
    ひとりはいたずらがものすごい
    ひとりはいいこ

    サンタがいたずらっこにはプレゼントはあげられない、きびしさも必要だ、とかいってもうひとりの靴下には大量にプレゼントをいれる

    いたずらっこの方が夜中に起きて
    自分のくつしたにプレゼントがいっぱいで
    もうひとりがからっぽなのを発見する(サンタがまちがえた)

    これはひどい!かなしむぞ~
    と思って自分のを半分入れる

    サンタがなんとかレーダーの異常にきづいて戻って
    両方のくつしたをいっぱいにする

    朝起きていい子の方が「なにゆえいたずらっこもいっぱいもらってるの?」って思う(そりゃそうだ)
    無心故かな、と結論

    いたずらっこがいたずらしてたのはわたしを楽しませるためでもあり(まじか)
    わたしもけっこうわるいこなんだけど・・って言ってたような言ってなかったような

    いたずらっこには「グッドガール」ってかいてあるバッチももらってて
    よろこぶ

    いたずらものにはプレゼントをあげなくていいのかどうか
    というかなんでプレゼントをあげるのか
    考えさせられるな~

  • とってもキュート(かわいい、ではなくキュート。)なお話です。
    チャーリーのいたずらの、ほんとの意味が後からわかるとこ。
    カメラをほんの少しパーンしたら…という見せ方が、おもしろいです。
    もしかすると、作者さんが脚本家・映画監督だから、なのかなぁ。
    サンタ・ナビには、笑っちゃいました。
    (ちょっぴりあわてんぼうの)サンタさんの最後のイキなプレゼント、うふふ。ってなります。

全8件中 1 - 8件を表示

からっぽの くつした (サンタさん ありがとう! )に関連するまとめ

からっぽの くつした (サンタさん ありがとう! )を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

からっぽの くつした (サンタさん ありがとう! )を本棚に「積読」で登録しているひと

からっぽの くつした (サンタさん ありがとう! )の作品紹介

クリスマス・イブです。ワトソン家の人びとはみんな、目と目を合わせれば、「今年はいい子にしてたかな?」と、たずね合っています。これは重大な問題なのでした。なにしろ、クリスマス・プレゼントがかかっている!サムとチャーリーのふたごの姉妹は心のなかでちょっと心配に思っていました。なぜって、サムはいい子ですが、チャーリーはいたずらっ子。サンタさんだって、だれにも笑顔ってわけにはいきません。「どうしようかな?この子のプレゼント…」著名な脚本家で映画監督のリチャード・カーティスが子どもたちに贈る心あたたまる、だけど、ちょっぴりドキドキするクリスマスのお話。

ツイートする