お茶の時間のイギリス菓子 伝統の味、地方の味 暮らしてわかった、1日5回のティータイムがある国で、みんなが楽しみにしているおいしさ

  • 107人登録
  • 3.71評価
    • (2)
    • (7)
    • (4)
    • (1)
    • (0)
  • 8レビュー
著者 : 砂古玉緒
  • 世界文化社 (2013年10月3日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (128ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784418133406

お茶の時間のイギリス菓子 伝統の味、地方の味 暮らしてわかった、1日5回のティータイムがある国で、みんなが楽しみにしているおいしさの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 図書館で借りたものだったけど、購入したくなった。イギリスの今の家庭菓子事情がよくわかる。レシピも簡潔で分かりやすい。2016/09/20

  • スコーンにはまってレシピハントをしていて到達。
    強力粉使用のレシピも載っていたらと思うが、
    写真も豊富で地方色豊かなので見ていて楽しい。

    クロテッドクリームをいつか自作することにする。

  • フルーツケーキの焼き方の復習のために。

  • クロテッドクリームの作り方が載っていた。

  • コラムが面白かったです。

  • イギリスのお菓子はいいね…レシピとエッセイと写真のバランスがいい。

  • 1日5回って、、、

    世界文化社のPR
    「初めて知るお菓子が、まだこんなにあるなんて! 質実で素朴、ずっと愛されてきた英国菓子80レシピ
    暮らしてわかった、1日5回ティータイムがある国で、みんなが楽しみにしているおいしさ。

    【担当編集者からオススメの一言】
    ビスケットやスコーンに象徴されるイギリス菓子は
    いまどきカフェでも注目アイテム!
    イギリスにのべ10年暮らした著者が、イギリス菓子の
    リアルな味を紹介。

    試作を重ね、日本の材料で作る本場の味わいレシピ集。
    このお菓子を作って、素敵なティータイムに
    ならないわけがありません!

    充実のコラム「イギリスだより」は、お菓子の背景や
    歳時記など、読むだけでもおいしい!  」

  • 全80レシピ、スコーンだけでも数種類のレシピが載っています。
    お菓子作りが趣味で、あれこれ試してみたい人には持ってこいのお得な一冊だと思います。
    途中のコラムも、イギリス在住経験者ならではの視点で書かれており、
    今のイギリスを知ることが出来ます。

全8件中 1 - 8件を表示

砂古玉緒の作品

お茶の時間のイギリス菓子 伝統の味、地方の味 暮らしてわかった、1日5回のティータイムがある国で、みんなが楽しみにしているおいしさを本棚に登録しているひと

お茶の時間のイギリス菓子 伝統の味、地方の味 暮らしてわかった、1日5回のティータイムがある国で、みんなが楽しみにしているおいしさを本棚に「読みたい」で登録しているひと

お茶の時間のイギリス菓子 伝統の味、地方の味 暮らしてわかった、1日5回のティータイムがある国で、みんなが楽しみにしているおいしさを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

お茶の時間のイギリス菓子 伝統の味、地方の味 暮らしてわかった、1日5回のティータイムがある国で、みんなが楽しみにしているおいしさを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

お茶の時間のイギリス菓子 伝統の味、地方の味 暮らしてわかった、1日5回のティータイムがある国で、みんなが楽しみにしているおいしさを本棚に「積読」で登録しているひと

お茶の時間のイギリス菓子 伝統の味、地方の味 暮らしてわかった、1日5回のティータイムがある国で、みんなが楽しみにしているおいしさの作品紹介

ビスケットやスコーン、パウンドに象徴されるイギリス菓子はいまどきカフェでも注目アイテム!イギリスにのべ10年暮らした著者が今のイギリス菓子のリアルな味を日本で紹介する。

お茶の時間のイギリス菓子 伝統の味、地方の味 暮らしてわかった、1日5回のティータイムがある国で、みんなが楽しみにしているおいしさはこんな本です

ツイートする