複式簿記のサイエンス―簿記とは何であり、何でありうるか 簿記学対話

  • 25人登録
  • 4.00評価
    • (0)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 石川純治
  • 税務経理協会 (2011年3月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (276ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784419056292

複式簿記のサイエンス―簿記とは何であり、何でありうるか 簿記学対話の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 普段当たり前に接している企業会計、及びその基本原則たる複式簿記につき、ちょっと真面目に勉強したろかなと思い、購入。

    単式簿記と比較することで、複式簿記が如何に優れたシステムであるか、又、三式簿記との比較することで、簿記が如何に可能性を秘めたシステムか、よう分かりました。ちょっと感動。

  • 複式簿記は何であって、何でありうるかという副題の通り、複式簿記の過去、現在、未来について書かれている。qa方式で書かれていて、読みやすい。

全3件中 1 - 3件を表示

石川純治の作品

複式簿記のサイエンス―簿記とは何であり、何でありうるか 簿記学対話を本棚に「読みたい」で登録しているひと

複式簿記のサイエンス―簿記とは何であり、何でありうるか 簿記学対話を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

複式簿記のサイエンス―簿記とは何であり、何でありうるか 簿記学対話を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

複式簿記のサイエンス―簿記とは何であり、何でありうるか 簿記学対話を本棚に「積読」で登録しているひと

複式簿記のサイエンス―簿記とは何であり、何でありうるか 簿記学対話はこんな本です

ツイートする