ジャコモ・フォスカリ 1 (オフィスユーコミックス)

  • 222人登録
  • 3.60評価
    • (7)
    • (28)
    • (27)
    • (3)
    • (0)
  • 23レビュー
  • 集英社クリエイティブ (2012年9月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (188ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784420152587

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
羽海野 チカ
有効な右矢印 無効な右矢印

ジャコモ・フォスカリ 1 (オフィスユーコミックス)の感想・レビュー・書評

  • 三島由紀夫のモデルが出てくると聞いたので読んでみました。
    ヤマザキマリさんのイラスト本当落ち着きがあって好き。
    謎の少年と聡子は本物の兄妹なのかな?
    ファシストと歴史、日本の伝統と共にイラストでちょいちょい面白いの挟んでます。
    アンドレアがどうなったのかも気になります。
    死んじゃったのかなあ、やはり。

  • 三島由紀夫ぽい人が出てますね。

  • テルマエでもそうなんだけれど、おっさん、おばちゃんを描くとむちゃくちゃ味わいがあっていい! 続きが楽しみ!

  • 退廃的な雰囲気と、主人公の回想と現実がリンクしているところと、歴史を絡めているところと……など、好みの漫画だわ~。

    続きがとても気になるが、現在officeYOUでは連載していないようなので、無事に完結するか不安……。
    どうなっているんだろう。

  • 「テルマエ」やその他のエッセイコミックとはまた違った雰囲気で。

    謎の美少年、その姉(?)がこの先どう主人公とかかわってくるのか。淡々とした日常が描かれるなかでの、この美少年の存在が気になる。

  • また、変な感じのマンガをかきだしたな~。ヤマザキ マリ。そして、引き出し多いな。
    シリアスなお話ですが、どこか変なユーモアがあっておもしろい。独特の雰囲気のあるマンガになっています。

  • 以前どこかでこの本についてレビューが載ったのを見て「私も読みたい!」と思っていました。はい、期待通りの面白さでした・・・と言っても、読む人を選ぶかもしれないのですが。淡々とでありながら、面白い友人に囲まれて過ぎていくジャコモの日本生活。そしてそれと対比するようにミステリアスな兄弟。ど派手ではないけどとても心惹かれるマンガです。買ってよかった(*^▽^*)。

  • 1960年代の日本を舞台に、ヴェネチア出身の大学教授
    ジャコモ・フォスカリを通して、高度経済成長期の日本や
    古代ローマ、イタリアの文化・思想の風景を書いている作品で、
    いろんな部分が興味深くおもしろかったです。
    BLの要素があると思ってもなかったので
    最初は少しとまどったけど、うっすらとした要素だけなのと
    人物がとても魅力的なので、気にならずに読み進められました。

    ジャコさんと三島由紀夫と安部公房がモデルと思われる
    日本を代表する文学者たちとのやりとりや
    見たことのない音楽喫茶があった時代のノスタルジー。

    立ち上がろうとするパワーと、今の日本が失った大切なことを
    ジャコさんというフィルターを通してどう書いてくれるのか
    今後の展開がすごく楽しみです。

  • 表紙、そして60年代をテーマにしたとの時代背景を聞いて、即買い。

    作中の田部はどうみても安部公房だし、岸場はおそらく三島がモデルなのだろう。
    そうなると、主人公のジャコモのモデルはだれだ?
    ロマノ・ウルビッタだったらさぞかし面白いことになるのだろう。伊藤整の『近代日本人の発想の諸形式』に並ぶくらいのユニークな組み合わせができあがる。

  • 田部のモデルは安部公房で岸場のモデルは三島かな。60年代的耽美な部分も描かれてて興味ぶかい~

  • 思ったほどではなかったが、好きな作者の作品なので次も購入するだろう。

  • ジャケ買いです。
    一緒にいた、大学で彫刻やってた友人が、表紙見て「うまい!」と漏らしてた。やっぱりそうなんだ・・・。


    内容はザ・耽美という感じで
    テルマエ・ロマエしか知らなかったので おお と思ったんですが
    テルマエ・ロマエでもチラチラとそういうテイストは あることにはあったかなと。

    なんとなく 昭和60年代といい
    純喫茶といい
    美少年といい
    丸山明宏少年を思い出すなあと感じてはいましたが
    他の方の読んでみたら、あれは三島由紀夫と安部公房なんですって。
    不勉強だなあ。もっと色々知ろうと決意。

  • テルマエの様な、ジャコモさんの日本見聞録なのかと思えば違った。
    思いのほか良い、耽美的な雰囲気のある物語でした。
    古代ローマ人の子孫としての誇りを持つイタリア人を昭和の日本と掛け合わせるのはヤマザキさんしか出来ない作品だと思う。

  • 三島由紀夫と安部公房がモデルになった人物が登場する1960年代の日本。雑多で猥雑でゴタゴタした雰囲気が懐かしくも忌まわしい。
    古賀少年とその姉の関係が、ジャコモさんにどう影響してくるのだろう。
    それと古代ローマとの関係やいかに。
    今後の展開に期待して星4つ。

  • ノスタルジックな時代設定。お父さんの青春時代を垣間見る感じ。次が楽しみ。

  • このマニアックな世界好きだなあ。懐かしくないのに懐かしい。自由で、落ち着いた、こだわりのある人間になりたくなる。

  • 落ち着いた雰囲気、話し運び。しかし、どうしてもルシウスを思い浮かべるのは私だけだろうか。

  • ネットで他にそういう感想がないので書きますけど、全編から溢れるBL臭……
    テルマエで入った男性読者は注意したほうがいいと思います。
    僕は楽しめましたけどw、耐性がないとちょっとつらい気がします

  • ヘッ、ヘルメス!!

    1960年代の東京。ジャコモが未亡人と暮らす下宿、行きつけの喫茶店の美少年店員、個性的な友人たち。昭和の日本が何だかすごく懐かしく愛おしくなる。まだまだ序章といった感じだが、今後どうなっていくか大変気になる。

  • マイナな路線のマンガの、マイナなオープニング(笑)
    こういうターゲット不明な作品は好きだけど、まだ正直どう転ぶか読めない。とりあえず近過去の雰囲気はいい感じ。

  • この人の書く昭和の雰囲気がとても心地よい。

  • テルマエ・ロマエを買いに行って、隣にあったこれもつい買ってしまった。
    90年代、日本、ジャコモは60年代の日本滞在を回想する。同時に子供時代~ファシズムの台頭する青年時代も。
    60年代のシーンに出てくる作家は、三島由紀夫や寺山修司がモチーフなんだろうか?ちょっと詳しくないので違っていたら恥ずかしいんだけど…。
    すごく文学的な漫画。これをオフィスYOUで連載って意外な気がする。続きが楽しみ。

    ※田部氏のモデルは安部公房氏らしい…。慌ててwikiってみたけど、名前は知ってるのにどんな人だか全く知らなかった(;ω;`)。

全23件中 1 - 23件を表示

ジャコモ・フォスカリ 1 (オフィスユーコミックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ジャコモ・フォスカリ 1 (オフィスユーコミックス)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ジャコモ・フォスカリ 1 (オフィスユーコミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ジャコモ・フォスカリ 1 (オフィスユーコミックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

ジャコモ・フォスカリ 1 (オフィスユーコミックス)のKindle版

ツイートする