世界の果てでも漫画描き 3(チベット編)

  • 173人登録
  • 3.71評価
    • (10)
    • (21)
    • (16)
    • (3)
    • (1)
  • 12レビュー
  • 集英社クリエイティブ (2013年2月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (129ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784420220583

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
羽海野 チカ
有効な右矢印 無効な右矢印

世界の果てでも漫画描き 3(チベット編)の感想・レビュー・書評

  • 『テルマエ・ロマエ』の作者さんの諸国漫遊記、第3弾。
    今回はシリアからチベット、台湾といった国々をくるりと回っています。

    あちこちでの生活事情等が垣間見えて楽しくも。
    夫婦のはしゃぎっぷりと、どこか冷めた息子さんの対比が面白く。

    どこにいても発信ができる、凄い時代になったものです。。

  • 最後の聖戦舞台行きたい!
    インディに釣られる息子さんが可愛らしい。
    チベットに行ったりと行動力が素晴らしい。

  • 購入済み 読了

    イタリア人って、イタリア人って。
    真言密教調べてみよう。
    やっぱりチベットいってみたい。

  • これまではヤマザキさんが苦労する話が多かった気がするけど、この巻ではデルス君が振り回されてて…デルス君視点で「うちの親がアレすぎて俺の人生」みたいに描いたのも読みたいな。

  • ヤマザキマリの作品はすーっと読めるところが良い。今回も安定している。パリのくだりが特に面白かった。

  • 伊日人Seria弾丸tourが腹がよじれる程面白かったです。
    世界的有名な大河で姑ら…。
    地元民が知ったら訴えられそうです。
    デルス君のしっかりさも感動しました。

    TibetもEygpt同様に行ってみたい国ですが、平地に住んでる私は確実に高山病になりそうです。
    でも行ってみたいです。

  • 世界を流離う夫婦というか、それに振り回される息子がたくましく育っていく姿が良いですね。小さい時に遺跡の素晴らしさとかわかんないもの。そして、チベットにも一度行ってみたいけど漫画を読んで、映像だけで良いかとか思ったり…

  • せわしない旅☆

  • この間テレビで拝見して、声にビックリしたんだよね。

  •  息子をつれてヨルダンにいけば、二家族合同でシリアを回る。仕事でも仕事のストレス発散でも世界を回るヤマザキ先生の壮絶なエピソードの数々が今回も光りました。

     子供に子供のようだと言われるはしゃぎっぷり。山崎先生夫婦の遺跡マニアぶりはオタクの息子ですら寄せ付けない。インディージョーンズで釣られる息子デルスくんが不憫でならなかったけどある意味で貴重な体験なのかな。親の趣味の延長線上に付き合わされ大人の階段をひとつ登ってるデルスくんが面白かった。

     親がそうなら親の親はさらにすごい。超イタリア家族と女傑ヤマザキ母他オマケという灰汁の強すぎるメンバーでの旅行なシリア編。イタリアチームの観光気分に押され遺跡を楽しめないエピソードはヤマザキ作品「モーレツ!イタリア家族」を思い出す一時でした。

     「テルマエロマエ」以来大忙しのヤマザキ先生ですが仕事又は仕事の合間にも旅行は欠かさず。フランス編の話も面白かったですが、今回サブタイトルにもなっているチベット編に惹かれました。ついた途端高山病と診断され峠宣告、外国こえーと思いつつもチベットの雄大な自然を見てみたい衝動に駆られました。僕もヤクバター茶に挑戦してみたい。絶対おかわりできなさそうだけど。

     台湾も行ってみたいし、海外話みるとまだ見ぬ情景に思いを馳せるなぁ

  • シリア行きたいーーー!

全12件中 1 - 12件を表示

世界の果てでも漫画描き 3(チベット編)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

世界の果てでも漫画描き 3(チベット編)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

世界の果てでも漫画描き 3(チベット編)はこんなマンガです

ツイートする