ロンドン・ロードで誓った愛は (ベルベット文庫)

  • 10人登録
  • 3.50評価
    • (1)
    • (1)
    • (1)
    • (1)
    • (0)
  • 2レビュー
制作 : 金井 真弓 
  • 集英社クリエイティブ (2014年7月18日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (640ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784420320252

ロンドン・ロードで誓った愛は (ベルベット文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ヒロインに共感できない。
    いくら貧しくても、自分の容姿を武器に男から金を引っ張るって…それ違うやろ 
    「ダブリン〜」が良かっただけに残念

  • うーん。良かった。あまり予備知識ないで読んだため、ヒストリカルでロンドンの話かと勘違いしたら、コンテンポラリーでスコットランドの話でした。設定も現実的なある苦悩を抱えたヒロインが、だんだんと良い方向へ変わって行く姿が喜ばしかった。ヒーローの地雷踏みまくり感は残念だったけど、そういうものなのかな?嫌な人ほど誤解が解けた時は心が開くのか。
    友情や脇役の人たちの愛情に救われるたび、感動してしまい、話が読めないまま落ち着くところに落ち着いてハッピーエンドで終わったが、男女二人の情熱以上の話の広がりは読み応えがあった。
    この作家さんの他の作品も読んでみたくなった。
    それと表紙の写真がヒロインと全然違っててびっくりしたー。w

全2件中 1 - 2件を表示

サマンサ・ヤングの作品

ロンドン・ロードで誓った愛は (ベルベット文庫)を本棚に登録しているひと

ロンドン・ロードで誓った愛は (ベルベット文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ロンドン・ロードで誓った愛は (ベルベット文庫)の作品紹介

見た目は派手だが、弟と心に病を抱える母を養うジョアンナは、男の献身で愛と幸せに目覚め、自分を再生していく。全米で人気のロマンス・シリーズのスピンオフ。愛と哀しみが胸に沁みる、感動の物語。

ロンドン・ロードで誓った愛は (ベルベット文庫)はこんな本です

ロンドン・ロードで誓った愛は (ベルベット文庫)のKindle版

ツイートする