月夜に盗まれた誘惑のキス (ベルベット文庫)

  • 11人登録
  • 4.00評価
    • (2)
    • (1)
    • (0)
    • (1)
    • (0)
  • 1レビュー
制作 : 芦原 夕貴 
  • 集英社クリエイティブ (2016年2月19日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (624ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784420320375

月夜に盗まれた誘惑のキス (ベルベット文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 面白かった!ラブシーンが多くて読みながら赤面する事も多いんだけど、サスペンス要素もあってハラハラしながら読み進めちゃう。シリーズ前作でも感じたけれど、完璧ではない家族を持って生きる女性の物語だな、と思う。そこに焦点をあてた現代の小説は読んでいて辛くなってしまうけど、ロマンス小説だけに、水戸黄門的なハッピーエンドがあるはずって信じて読めるから安心出来る。シリーズの続きが邦訳される事を切望します。

全1件中 1 - 1件を表示

アナ・キャンベルの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

月夜に盗まれた誘惑のキス (ベルベット文庫)を本棚に登録しているひと

月夜に盗まれた誘惑のキス (ベルベット文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

月夜に盗まれた誘惑のキス (ベルベット文庫)の作品紹介

准男爵リチャードは家宝を取り戻そうと、お堅い歴史学徒で牧師の娘ジュヌヴィエーヴを誘惑するが、どんどん本気の恋となっていき、しかも彼女の貞操と家宝を狙う悪人まで出現して……。シリーズ第2弾!

月夜に盗まれた誘惑のキス (ベルベット文庫)のKindle版

ツイートする