「クラウド・ビジネス」入門 -世界を変える情報革命

  • 128人登録
  • 3.16評価
    • (4)
    • (10)
    • (26)
    • (8)
    • (1)
  • 25レビュー
著者 : 林雅之
  • 創元社 (2009年2月21日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (200ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784422100920

「クラウド・ビジネス」入門 -世界を変える情報革命の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • フォトリーディング
    クラウド

  • 初歩の初歩。2009年に初版が出ており、リーマンショックの影響を色濃く受けた内容となっていたり面白い。当時の分析は結果的にストレッチではあったが、その後のAIといった技術の流れを見ると、あながち間違ってはいない。

  • 昨年、NHK「クローズアップ現代」でクラウドコンピューティングがとりあげられ大きな反響があったという。
    企業は情報システムを「保有」することから「利用」する方向にシフトしつつある。
    「利用」することは自社の強みへ集中できることになる。
    今、中小企業がクラウドサービスを導入することが大きな転換点になるだろう。


    企業の社内システムではなく、WEB上で構築された「外部の」システムを使って、営業管理などすべての情報処理を行う「クラウドコンピューティング」。
    企業は保有と管理から解放され、使った分だけ料金を払う水道のように情報システムを使うようになる。本書ではすでにクラウドを使って業績を急伸させた中小企業、大企業の例などを取り上げながら、マイクロソフト社の覇権さえ揺るがしかねない革命をわかりやすく解説。

    ■第1章 事例から学ぶクラウド
    クラウドとは何か
    ITが電気や水道、そして金融サービスのようになる
    クラウド・コンピューティングがもたらす7つのメリット
    【事例1】中小企業が事業の効率性を高め生産性を向上させる
    【事例2】グローバルなコミュニケーションやコラボレーション環境を実現する
    【事例3】ベンチャー企業も大企業に匹敵する事業が展開可能になる
    【事例4】クラウド基盤サービスを活用し、自社の短期開発やプロセス革新を目指す
    事例1~4のまとめクラウドがもたらす企業の変化
    クラウド・コンピューティングの概念
    新たな価値を生み出すクラウド

    ■第2章 クラウドの時代がはじまる
    クラウドサービス事業者の視点
    成長するクラウド市場

    ■第3章 クラウドの全体像
    クラウドを構成する3つのレイヤ(階層)
    クラウドサービスを構成する二本の柱
    クラウドの普及を後押しするブロードバンドネットワーク
    端末の多様化が進む
    クラウド市場のビジネスモデル構造

    ■第4章 クラウドの時代に備える
    未来のクラウドへ
    企業ユーザーのリスクへの対応
    クラウド導入に備える
    世界を変えるクラウド・コンピューティング

  • 1年で内容が古くなって若干実体と合わなくなってっしまった感があるのは残念。
    基本的なことは何となく分かったが、これからどちらへ向かうかは結局分からない。

  • ビジネスに役立つ内容。セールスフォース・ドットコムも気になる。

  • これはあえて皆さん読む必要もないですが。
    クラウドについての定義を再度復習する意味もあって
    読みましたので!!

  • 2年前に書かれた本なので、最新トレンドが書かれてるわけではないと思う。が、クラウド分野の登場人物・会社がおおむね網羅されており、基本を理解するのには良いと思う。

  • 教科書として最適。
    解りやすく解説されており、事例も適当。

    このレベルのを数冊読んで理解を深めたい。

  • クラウドの流れ、各企業の取り組みなどが
    包括的に述べられています。

    入門書にちょうどいい。

  • 今のところ語る人や立場、所属している組織によって定義が拡散しがちなクラウドコンピューティング。その俯瞰図として同書についている図がとても分かりやすい。

    クラウドのサービスレイヤーをまずSaaSとクラウド基盤に分ける。SaaSでは主にメールや文書作成ツール、グループウェア、人事・会計、人事・給与、CRMといったシステムのサービスをグループ化している。

    一方のクラウド基盤では、PaaS(インターネットサービスプロバイダ)、SaaS基盤(アプリケーションGW)、サービス提供基盤(事業者向けインタフェース)、i-modeなど(携帯事業者)――の4つに分類し、それぞれの立場に分けてクラウドを論じている。

    よくフォーカスされるのが、業務アプリケーションを開発する「開発基盤」すなわちPaaSとしてのクラウドコンピューティングだが、それ以外のクラウドサービスを一発で理解するためには、この図を見ればいい。

    もう1つ秀逸なのは、日本でのクラウドの事例や、クラウドを導入する際に必要な点をまとめてくれていることだ。 諸外国の最新のテクノロジーという切り口で語られることが多いクラウドコンピューティングだが、その技術を取り入れることは国内においても実現可能だ。

    特に、4章で記述しているクラウドコンピューティングを実現するための「コンプライアンス」「サービスの安全性と信頼性」「セキュリティ」「事業者の信頼性」などは、記事などでは断片的にしか語られない。
    クラウドを導入する場合は、ここで記されている点をチェックリストとして使うといいだろう。

    話が飛んで恐縮だが、この著者はブログを休むことなく書き続けることで出版社の目にとまり、めでたく書籍を出すことができたそうだ。愚直に続けることで、成果が生まれるんだなぁ。

全25件中 1 - 10件を表示

林雅之の作品

「クラウド・ビジネス」入門 -世界を変える情報革命を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

「クラウド・ビジネス」入門 -世界を変える情報革命を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

「クラウド・ビジネス」入門 -世界を変える情報革命を本棚に「積読」で登録しているひと

「クラウド・ビジネス」入門 -世界を変える情報革命はこんな本です

ツイートする