ユングと共時性 (ユング心理学選書)

  • 41人登録
  • 3.43評価
    • (1)
    • (2)
    • (3)
    • (1)
    • (0)
  • 2レビュー
制作 : 河合 隼雄  河合 幹雄 
  • 創元社 (1987年8月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (219ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784422112121

ユングと共時性 (ユング心理学選書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 心におもうことが、現実となる
    共時性について説明をしたもの
    ややこしい内容であるが、細かく説明がされる
    ユングの独自の世界観があるために難しい内容だった

  •  うーむ、読みにくい。文章が右往左往して、何が言いたいのか、つかむのが難しい。。ただ、その共時性を感知できる心を持って生きるべき、だと思った。

全2件中 1 - 2件を表示

ユングと共時性 (ユング心理学選書)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ユングと共時性 (ユング心理学選書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ユングと共時性 (ユング心理学選書)を本棚に「積読」で登録しているひと

ユングと共時性 (ユング心理学選書)の作品紹介

ユングの後期思想の中でも、現在大へん関心の高い共時性原理(シンクロニシティ)(意味のある偶然の一致現象を説明する非因果的連関の原理)について、ユングと共同研究した体験をもつ著者が、ユング自身の理論の生いたちを辿りつつ、その理解をより深めるために著した重要な1冊である。ティヤール・ド・シャルダンの「精神圏」とのかかわり、ユングと易をたてた経験、哲学的先駆者ライプニッツの「予定調和」説と古代道教の「道」の思想との対応、さらに元型的体験との密接な関係、アインシュタインの影響など、広い視野から詳細に考察する。

ユングと共時性 (ユング心理学選書)はこんな本です

ツイートする