胎児の脳老人の脳:知能の発達から老化まで

  • 14人登録
  • 3.40評価
    • (1)
    • (1)
    • (2)
    • (1)
    • (0)
  • 1レビュー
制作 : Alberto Oliverio  Anna Oliverio Ferraris  川本 英明 
  • 創元社 (2008年9月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (334ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784422114118

胎児の脳老人の脳:知能の発達から老化までの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 自閉症の多くの症例でも、皮膚の構造に変形がみられる。皮質層の多くが無秩序に並び、神経細胞も不規則に配列されているため、自閉症の子供たちに見受けられるように、認知機能と情緒に何らかの問題が生じるのである。
    未熟児においてもっとも傷つきやすい脳の組織は前頭前野皮質であると指摘している。・・・未熟児ではミエリン鞘による軸索の被膜形成の過程が非常に遅く、絶縁体の層も薄い。このことは、行動における様々な問題の要因となっている。例えば、未熟児が幼児期に入ると、何かに集中することが困難であり、注意力も散漫になり、重要でない反応を抑制することができず、社会のルールにうまく適応できないこともある。

全1件中 1 - 1件を表示

アルベルト・オリヴェリオの作品

胎児の脳老人の脳:知能の発達から老化までを本棚に登録しているひと

胎児の脳老人の脳:知能の発達から老化までを本棚に「読みたい」で登録しているひと

胎児の脳老人の脳:知能の発達から老化までを本棚に「積読」で登録しているひと

胎児の脳老人の脳:知能の発達から老化まではこんな本です

ツイートする