河合隼雄のカウンセリング教室

  • 110人登録
  • 3.97評価
    • (11)
    • (10)
    • (10)
    • (1)
    • (0)
  • 16レビュー
著者 : 河合隼雄
  • 創元社 (2009年6月23日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (232ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784422114224

河合隼雄のカウンセリング教室の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • カウンセラーじゃないけど人と接する仕事をしていて、時々人の成長とか変貌を目の当たりにする。週1会うだけことにも意味がある、という言葉は励まされもするし、共有することの大切さを改めて感じる。

  • 日本にいろいろなカウンセリング手法を持込んだ、河合先生の講演をまとめた1冊。
    とても読みやすく、先生のご苦労や、カウンセラーの持つべき心構えなどが書いてありました。カウンセラーでなくても、読むとためになります。カウンセリングは自分で自分を変えていく、気づいていくこと。難しい世界だけど、面白いです。

  • 図書館有

  • 温かい関西弁が読んでいて心地よい。
    カウンセラーは研究者であり勝負師であり芸術家であるという言葉が印象的。
    筆者の事例を読むと、勝負師と芸術家というのは言葉がぴったりだと思う。

  • ひとの話を聞くことに興味がわいたのでちょうどよい読書となりました。とても繊細で中立なスタンスでいらっしゃるのだなあ、と。

  • 逗子図書館で借りるも、手つかず

  • 今週おすすめする一冊は、心理学者で元文化庁長官の河合隼雄氏に
    よる『河合隼雄のカウンセリング教室』です。タイトルからもわか
    るように、本書はカウンセリングを学ぶ人のための連続講座を文章
    に起こしたもので、もともとは専門家向けのものです。しかし、基
    本的な内容ばかりですし、一般向けと考えて問題ありません。

    特に、人との関係のあり方を考え直してみたいと思っている方、人
    の話を聞くことに苦手意識を持っている方、人を受け入れることに
    困難を感じる方、には得るところの多い内容になっています。

    対象が仕事であれ、家族であれ、私達が向き合うのは人間です。人
    間を離れた抽象的な仕事や家族は存在しません。そして、具体的な
    人間と向き合い、関係し合う時に問われるのは、自らの人間観です。
    ここで言う人間観とは、その人なりの人間に対する理解と言い換え
    ても良いでしょう。そして、人間に対する理解を深めるためには、
    自分自身に対する理解を深めないといけません。結局、人と向き合
    うためには、自分と向き合うことが不可欠なのです。

    人と向き合い、自分と向き合う上で、臨床心理学は多くのヒントを
    くれます。特に、向き合う「態度」については多くを教えられます。

    日本における臨床心理の第一人者である河合氏の「態度」を貫くの
    は、「全体性」と「関係性」という二つの言葉です。「全体性」と
    は、人を部分では見ず、常に全体として見るということ。つまり、
    見えていない部分も含め、その人の可能性を信じるということです。
    そして、「関係性」とは、自分から相手との関係を断ち切らない、
    なんとしてもつながろうとする、その関係性の中で相手とのあり方
    を考えるということです。どちらも人間として、とても大事な、基
    本的態度ではないかと思います。

    本書の中には、「カウンセラー」「クライエント」という言葉が頻
    繁に出てきます。「カウンセラー」を「自分」、「クライアント」
    を「自分の相手」と置き換えて読んでみてください。「相手」は上
    司でも部下でもパートナーでも友人でも恋人でもいい。きっとより
    深くその相手と向き合い、関係し合うためのヒントが見つかるはず
    です。是非、読んでみてください。

    =====================================================

    ▽ 心に残った文章達(本書からの引用文)

    =====================================================

    「ここは何でも話をしていいところですから、十分に話をしてくだ
    さい。何でもいいんですよ」と言う人がいるんですが、そういうこ
    とは言われれば、言われるほど「こんなやつに言うか」という気が
    起こってきたりするんですね。(中略)大事なのは言葉で言うこと
    ではなくて、自分の態度がどんなに開かれているか、どれだけ待つ
    ほうに傾いているか、ということです。

    一般にわれわれは「なぜ」と言うのが好きです。(中略)しかし、
    「なぜですか」というのをしばらくやめてみませんか。直接「なん
    でですか」と言うよりも、この人間はいったいどういう考え方で生
    きているのだろうか、どんな生き方が好きなのだろうかというよう
    に考える。すぐに、「なぜ」とか「どうですか」と言うよりは、ゆ
    っくり構えていこうとするほうが、人間理解というのが意味をもっ
    てくるかもしれません。

    結局、人間理解というのはだんだん自分自身をどれくらい理解する
    かという問題になってきます。そして、それをやり抜かないと人間
    理解はなかなか深まりません。

    ある意味で言うと、カウンセラーは試されていると言えます。「い
    ったい、あなたはどんな人ですか」ということを、正面からぶつけ
    てきていると思ってまちがいありません。

    人間には考え方がいろいろあるし、生き方もいろいろあるのだと思
    いながらやっていないと、クライエントが来たときに、自分の考え
    方で「こうしなさい」「ああしなさい」と言いたくなったり、こち
    らの考えを押しつけてしまったりすることになりかねません。(中
    略)われわれの考え方をクライエントに押しつけるためにわれわれ
    は仕事をしているわけではありません。話をじっくり聞いて、一緒
    に考えていくということがとても大事だと思います。

    不思議ですが、変化するときにはいろいろマイナスのことが起こっ
    たりします。(中略)マイナスのことが起こることによって転機が
    訪れるということは、よく覚えておいてください。そのかわり、そ
    れはまさにのるか反るかの事態です。ほんの少しでも悪いほうへい
    くと、ものすごく悪いほうにいきます。逆に、少しよいほうへいけ
    ば大きく変わります。

    「悩んでいる人」こそが強いのです。悩んでいる人は何とかしよう
    という力をもっているし、何とかしようという意欲をもっている。
    (中略)悩んでいる人、悪いことをしている人、変なことをしてい
    る人というのは、可能性を秘めていると思えばよいと思います。可
    能性をもちながら、その可能性を生きられないので、何か変なこと
    が出てくるのです。健康な人というのは、ある意味処置なしで、そ
    れ以上変わる可能性はありません。

    対話というのは、相手の痛いことを言わないと本当の対話にはなら
    ない。「あなたはこういうところがある」「おまえはこういうとこ
    ろがある」と、そこに踏み込みながら、しかも仲よく家族としてや
    っていけるか。そういうことを本気でやろうと思うと、普通ではで
    きない。子どもが学校へ行かないとか、子どもが万引きしたとか、
    子どもが死にたがっているとか、そういうことがあって、「これは」
    というときから本当の対話が始まるのです。

    家族のことをよく見ていると、自分がどう生きるとよいのかがわか
    るように思います。家族が私の職業によって何か損なわれるという
    のは、やはりクライエントのためにもよくない。そこが大事だと思
    います。(中略)全体としてバランスがとれてうまくいくようにす
    る。その「全体として」という中に自分の家族が入っているという
    ことはすごく大事なことではないかと、私は思っています。
    家族というものが単に自分を支えてくれるというだけではなくて、
    家族とのあり方ということで自分がチェックされている。家族を見
    ていると自分がどの程度に生きていたらよいかがわかる。そう言っ
    てもよいのではないでしょうか。

    人間の心というものも、酒造りと似ていて、ゆっくり醸成されるも
    のではないでしょうか。ゆっくりつくり上げていかないとだめなよ
    うなところがある。せっかく麹がうまくできかかっているのに、
    「まだできあがらんかな」と何回も覗いていたら、だんだんおかし
    くなって酸っぱくなってしまいます。

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    ●[2]編集後記

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    先月三歳になったばかりの娘は、今、トイレトレーニングの真っ最
    中です。まだまだ漏らしてしまうことも多いですが、出したい時に
    出すことを随分と覚えたようです。オシメはもうほとんど卒業です。

    初めておしっこが出来た時の娘の嬉しそうな顔は今でも忘れられま
    せん。何とも言えない達成感と満足感に満ちた笑顔でした。できな
    かったことができるようになるというのは、本当に嬉しいことなの
    ですね。人はこの喜びを感じたくて自ら成長するのでしょう。

    娘の成長を見ていると、当たり前のことが当たり前にできることの
    凄さということを痛感します。寝返り、ハイハイ、歩行、言葉、お
    しっこ・・・。何一つこちらは教えていません。教えないのに、気
    付くと勝手にできるようになっている。遺伝子にインプットされて
    いると言ってしまえばそれまでですが、それにしたって、どうして
    こんなふうにできるようになるのか不思議でしょうがありません。

    そういう目で見ると、生物が生きて動いているということ自体が本
    当に不思議に思えてきます。この週末、畑で娘と一緒にミミズを観
    察していたのですが、ミミズというのも改めて眺めてみると相当に
    不思議な生き物ですよね。くねくね動くその動きも、何色とも形容
    しがたい光り輝くお腹の色も。この世界は本当に不思議に満ち満ち
    ています。

    そうやって世界の不思議さに気付くと、世界の有り難さを実感しま
    す。当たり前だと見過ごしていたことがいかに、特別なことなのか。
    それは「なかなかない」という意味で「有り難い」ことなのだと今
    更ながらに教えられます。娘のおかげでこの有り難い世界に自分が
    生きていることに感謝ができるようになりました。本当に有り難い
    ことです。娘の存在には感謝しても感謝しきれません。

  • キャリアカウンセリンを学ぶなかで、何か知識が点在してしまい、線や面になっていない悩みを感じていた。この本を読み進めると、つながっていき、知識が体系化されてくる実感がある。

  • 河合隼雄氏の本は、読んでると、ふむふむ、そうそう、なるほど、と思えて楽しい。いいこと書いてあるなーと感心しながら読むのだが、読み終わると、その本に何が書いてあったかあまり思い出せない。でもまた、ついつい手を出してしまう。というわけで、この本もそんな感じでした。あ、時間についての話は興味深かったです。
    この人の本を読むと、カウンセリングって深いなぁ、面白いなぁと思うのだが、こういうカウンセリングって実際に行われているのだろうか? 他の精神科医の本を読むと、「話を聞くより薬を使えばいい」「結局何で治るか分からない」「境界性人格障害はほとんど治らない」みたいな話だったりして、ぜーんぜん違う。不思議。

  • カウンセラーに必要な事を、将棋士の方の言葉を使って、研究、勝負、芸術、と仰っておられたのが印象的だった。
    自分の事についても、知識についても研究をしなければならないが、その時その時にどうするかは勝負をしなければならない。そして、全体を見てどうか、何が必要か、という部分は芸術家と同じで、感性のようなものが必要なのだと思った。

全16件中 1 - 10件を表示

河合隼雄の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村上 春樹
最相 葉月
ヴィクトール・E...
村上 春樹
有効な右矢印 無効な右矢印

河合隼雄のカウンセリング教室を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

河合隼雄のカウンセリング教室はこんな本です

河合隼雄のカウンセリング教室のKindle版

ツイートする