パブロフの犬:実験でたどる心理学の歴史 (創元ビジュアル科学シリーズ1)

  • 43人登録
  • 3.33評価
    • (1)
    • (0)
    • (5)
    • (0)
    • (0)
  • 5レビュー
制作 : 山崎 正浩 
  • 創元社 (2016年11月9日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (176ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784422116273

パブロフの犬:実験でたどる心理学の歴史 (創元ビジュアル科学シリーズ1)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 1つの実験あたり3頁割いて、動機・実験内容・結果・推測される事などを掻い摘んで説明して行く作り。広く浅くの知識やネタとして欲しいならうってつけ。ただし、本来なら専門用語等が飛び交う内容を、無理に簡単な日本語に邦訳した所為もあるのか、なんと云うか…訳が下手というか…解りにくい表現が多々あり。
    挿絵のコラージュが犬カレーっぽくて良かったです。

  • 代表的な心理学の実験を時系列で紹介。
    日経サイエンスの心理学関連記事のダイジェスト版のような感じ。

  • 実験おもろい。
    条件反射的な実験から心の動きの実験への変遷が、ざっと見渡せる良書

  • これは面白かった。

    年代ごとの心理学の実験。

全5件中 1 - 5件を表示

アダム・ハート=デイヴィスの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
スティーヴン ワ...
エラ・フランシス...
アンジェラ・アッ...
山本 貴光
トマ・ピケティ
マルクス シドニ...
有効な右矢印 無効な右矢印

パブロフの犬:実験でたどる心理学の歴史 (創元ビジュアル科学シリーズ1)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

パブロフの犬:実験でたどる心理学の歴史 (創元ビジュアル科学シリーズ1)を本棚に「積読」で登録しているひと

パブロフの犬:実験でたどる心理学の歴史 (創元ビジュアル科学シリーズ1)の作品紹介

人間は自分自身や他者の心の動きと行動を理解したいと願ってきた。古代ギリシア時代のプラトンやアリストテレスなど自然哲学者に始まる心理への探求は、19世紀に世界初の“心理学者”の登場で劇的に進化を遂げた。理論よりも立証可能な実験結果を重視する「実験心理学」という新たな分野が切り拓かれたのである。パブロフやピアジェ、ミルグラムなどが取り組んだ50の実験でたどる心理学の歴史。

パブロフの犬:実験でたどる心理学の歴史 (創元ビジュアル科学シリーズ1)はこんな本です

ツイートする