ケルト紋様の幾何学:自然のリズムを描く (アルケミスト双書)

  • 46人登録
  • 3.80評価
    • (1)
    • (2)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
制作 : Adam Tetlow  山田 美明 
  • 創元社 (2014年10月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (59ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784422214634

ケルト紋様の幾何学:自然のリズムを描く (アルケミスト双書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ケルト紋様の描き方が、理論的に説明されている。根気があれば描けそう…。

  • ケルトの渦巻き紋様や網目紋様を、実際にコンパスやグリッドを使った描き方を紹介した一冊。コンパスを使って装飾写本の飾りの縦横比を定めていたというのを読むと、ケルト文化というのは几帳面な面があったんだなあ。

  • 自然のリズムを取り入れなきゃ!

    創元社のPR
    http://www.sogensha.co.jp/booklist.php?act=details&ISBN_5=21463

全3件中 1 - 3件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
アンジェラ・アッ...
エラ・フランシス...
澤田 瞳子
ピーピーエス通信...
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

ケルト紋様の幾何学:自然のリズムを描く (アルケミスト双書)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ケルト紋様の幾何学:自然のリズムを描く (アルケミスト双書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ケルト紋様の幾何学:自然のリズムを描く (アルケミスト双書)を本棚に「積読」で登録しているひと

ケルト紋様の幾何学:自然のリズムを描く (アルケミスト双書)の作品紹介

紀元5世紀には西方ヨーロッパなどの広い地域に住んでいたケルトの人々。彼らはギリシャ・ローマとは異なった文化的伝統をもち、とくにブリテン諸島ではキリスト教伝来以降も独自の文化を保持した。本書では、彼らが金属器や石の記念碑、装飾写本などに残した美しい紋様――うずまき、組ひも、鍵模様など、一見複雑な装飾の幾何学的性質を解き明かし、コンパスとグリッド(方眼)を用いて容易に描けることを示す。手を用いた実践的なケルト装飾論の本であり図案集でもある。

ケルト紋様の幾何学:自然のリズムを描く (アルケミスト双書)はこんな本です

ツイートする