太陽系の美しいハーモニー:惑星のダンス、天の音楽 (アルケミスト双書)

  • 49人登録
  • 3.40評価
    • (1)
    • (0)
    • (4)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
制作 : 山田 美明 
  • 創元社 (2013年2月6日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (66ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784422214702

太陽系の美しいハーモニー:惑星のダンス、天の音楽 (アルケミスト双書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 面白かった。宇宙の調和の取れた(計算されつくした?)美しさが素人でも分かりやすく説明されている。動きの規則性だけでは自然発生も考えられるし作為的とは言えないけれども、各惑星の配置のバランスに隠されている黄金数などは、計算と設置があるとしか思えない。し、俺はそう思う。という事はだれかに見られてるな、実際。

    P2.この宇宙には、宇宙を構成するのにちょうど必要なだけの物質がある。
    P14.幾何学と音楽はきわめて密接な関係にある。

  • 「人間は見たいものを見る」ということばを思い出してしまった。、

  • 大昔の人は、星を数えたのでしょうね。。。

    創元社のPR
    「太陽系の惑星間には「天体の音楽」と呼ばれる秩序と意味がある。美しい図版を駆使して、現代科学が置き忘れた天体の謎にせまる。

    ピュタゴラスは、宇宙が音楽で満たされて調和していると考えた。太陽系の惑星の間にある秩序と意味を探し求める試みは、古代ギリシア以前から行われている。古代の学者は、それを「天体の音楽」と呼び、空に美しい幾何学的な相関を見た。天体は、完璧な調和【ルビ:ハーモニー】を奏でている。著者は現代科学が置き忘れた古代からの疑問を掘り当て、まず次のような素朴な疑問からは始める「空を見上げた時、太陽と月の大きさが同じに見えるのは本当に偶然なのか?」」

全3件中 1 - 3件を表示

太陽系の美しいハーモニー:惑星のダンス、天の音楽 (アルケミスト双書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

太陽系の美しいハーモニー:惑星のダンス、天の音楽 (アルケミスト双書)を本棚に「積読」で登録しているひと

太陽系の美しいハーモニー:惑星のダンス、天の音楽 (アルケミスト双書)はこんな本です

ツイートする