幾何学の不思議:遺跡・芸術・自然に現れたミステリー (アルケミスト双書)

  • 56人登録
  • 3.83評価
    • (2)
    • (6)
    • (4)
    • (0)
    • (0)
  • 5レビュー
制作 : 駒田 曜 
  • 創元社 (2011年4月21日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (66ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784422214849

幾何学の不思議:遺跡・芸術・自然に現れたミステリー (アルケミスト双書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 現実の不思議な模様の背景にある、図形とその組み合わせについて書いてある本。
    薄いので内容豊富ではないですが、さらっと読めて面白いでした。

  • ヨーロッパの協会の窓やアーチはどのように設計されたのか、今まで疑問に思っていたことがすっと解決。基礎からわかりやすい。

  • 二次元上の図形が中心。コンパスや定規からこれだけの複雑な図形が出てくる不思議さ。そしてそrが自然が普通に作り出す不思議さ。

  • 幾何学がどこに宿っているかを、構成からやさしく図解し説明している。
    1つの円を6つの円が囲めることは、日曜が1あってその他の曜日が6つある一週間の制度と、数の上で偶然の一致を示す。このような幾何学と数字のもつ特性を、実際の建築、天体、タイリングの事例から表していることがとてもおもしろかった。

全5件中 1 - 5件を表示

ミランダ・ランディの作品

幾何学の不思議:遺跡・芸術・自然に現れたミステリー (アルケミスト双書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

幾何学の不思議:遺跡・芸術・自然に現れたミステリー (アルケミスト双書)を本棚に「積読」で登録しているひと

幾何学の不思議:遺跡・芸術・自然に現れたミステリー (アルケミスト双書)はこんな本です

ツイートする