大阪のスラムと盛り場―近代都市と場所の系譜学

  • 36人登録
  • 4.11評価
    • (3)
    • (4)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 加藤政洋
  • 創元社 (2002年4月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (223ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784422250274

大阪のスラムと盛り場―近代都市と場所の系譜学の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 現・日本橋界隈にあった「名護町(長町)」のスラムは、いつ無くなったのか。今でも残る「飛田新地」はどうやって出来たのか。大阪のスラム街の変遷が、膨大な資料とともに判りやすく解説されている。資料性は抜群。

  • 都市の盛り場(ハレ)の空間と、ケの空間は表裏一体。
    大阪のマチをよみとく、新鮮な材料。

全2件中 1 - 2件を表示

加藤政洋の作品

大阪のスラムと盛り場―近代都市と場所の系譜学を本棚に「読みたい」で登録しているひと

大阪のスラムと盛り場―近代都市と場所の系譜学を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

大阪のスラムと盛り場―近代都市と場所の系譜学を本棚に「積読」で登録しているひと

大阪のスラムと盛り場―近代都市と場所の系譜学の作品紹介

本書は、ヴァルター・ベンヤミン『パサージュ論』の一文を導きとして、現在では「ミナミ」として知られる大阪の旧市街地南部の歴史を1880年代(明治中期)〜1920年代(大正・昭和初期)のなかで観察し、盛り場、貧民街、市場、商店街、遊廓など、さまざまな場所の創出や変容、そしてその消滅を「場所の系譜」としてたどり記述する試みである。

大阪のスラムと盛り場―近代都市と場所の系譜学はこんな本です

ツイートする