デカルトの悪魔はなぜ笑うのか:100のアナロジーで読む素晴らしき科学の世界

  • 68人登録
  • 2.83評価
    • (0)
    • (1)
    • (3)
    • (2)
    • (0)
  • 2レビュー
制作 : 緑 慎也  今里 崇之 
  • 創元社 (2014年4月17日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784422400235

デカルトの悪魔はなぜ笑うのか:100のアナロジーで読む素晴らしき科学の世界の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • これは楽しい。科学のいろんな知見を例え話で紹介してくれる。判型を生かして図表が多いのもうれしい。
    ただ、通勤電車の車内では読めないんだな。

  • タイトルに惹かれました、、、

    創元社のPR
    http://www.sogensha.co.jp/booklist.php?act=details&ISBN_5=40023

全2件中 1 - 2件を表示

ジョエル・レヴィの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ウィリアム・H・...
シーナ・アイエン...
J・モーティマー...
三浦 しをん
高野 和明
有効な右矢印 無効な右矢印

デカルトの悪魔はなぜ笑うのか:100のアナロジーで読む素晴らしき科学の世界を本棚に登録しているひと

デカルトの悪魔はなぜ笑うのか:100のアナロジーで読む素晴らしき科学の世界を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

デカルトの悪魔はなぜ笑うのか:100のアナロジーで読む素晴らしき科学の世界の作品紹介

地球の構造をスコッチエッグにたとえるとどうなるのか? 相対性理論を光速で走る急行列車にたとえると? 原子構造を大聖堂を飛びまわるハチにたとえると? 難解な科学の考え方は身の回りにあるアナロジー(たとえ話)を使うとよくわかる。物理学から生物学、天文学からテクノロジーの話まで、100のアナロジーと豊富なビジュアル図版で読み解く科学読み物。学生から社会人まで、科学の面白さを再体験できる好著。

デカルトの悪魔はなぜ笑うのか:100のアナロジーで読む素晴らしき科学の世界はこんな本です

ツイートする