シュレディンガーの猫:実験でたどる物理学の歴史 (創元ビジュアル科学シリーズ2)

  • 42人登録
  • 2.43評価
    • (0)
    • (1)
    • (2)
    • (3)
    • (1)
  • 2レビュー
制作 : 山崎 正浩 
  • 創元社 (2017年2月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (176ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784422414263

シュレディンガーの猫:実験でたどる物理学の歴史 (創元ビジュアル科学シリーズ2)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 物理学史上の重要な実験結果や観測結果を、ポイントを絞ってまとめた(つもりの)本、なのだと思います。

    しかしながら、翻訳が下手なのか、原本がダメなのか、はわかりませんが、わかりにくい表現も多く、かつ、ミスが多いので、読む気が失せる場面が何度もありました。
    とくに数字のミスが多いのが気になりました。
    この手の本における数値のミスは、致命的と思われるのですが、いくつもあり、何度げんなりさせられたことか…。
    気付いていない部分にも、おそらく相当の数のミスがあると思われます。

    やけにたくさんある図版も、理解を助けるものは皆無といってよく、しかも、無駄にアーティスティックで、存在意義がまったくわかりません。

    この本の制作にかけた時間もお金もムダだとしか思えない。
    久しぶりに、「これは酷い」と素直に思えた本です。

  • イラストが趣味悪い。

全2件中 1 - 2件を表示

シュレディンガーの猫:実験でたどる物理学の歴史 (創元ビジュアル科学シリーズ2)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

シュレディンガーの猫:実験でたどる物理学の歴史 (創元ビジュアル科学シリーズ2)を本棚に「積読」で登録しているひと

シュレディンガーの猫:実験でたどる物理学の歴史 (創元ビジュアル科学シリーズ2)の作品紹介

人類は遥か昔から、夜空で動く月と星々を見上げながら、天空で何が起きているのか考え続け、さらには人工物がどのように動くのかも理解しようとしてきた。アルキメデスが浴槽で「エウレーカ!(わかったぞ)」と、浮力と体積の関係を解明した発見を筆頭に、コペルニクス、ガリレオ、ニュートン、そしてホーキンスまで、物理学における50の有名な実験とその思索の歴史をたどる、知的好奇心を刺激するサイエンス好き必読の書。

シュレディンガーの猫:実験でたどる物理学の歴史 (創元ビジュアル科学シリーズ2)はこんな本です

ツイートする