不思議で美しい石の図鑑

  • 235人登録
  • 4.05評価
    • (19)
    • (14)
    • (5)
    • (3)
    • (2)
  • 26レビュー
著者 : 山田英春
  • 創元社 (2012年2月9日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (176ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784422440019

不思議で美しい石の図鑑の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 図鑑を眺めるのが好きな子供でした。珍しい貝や石の標本に見入ったり、絶滅した氷河期の動物に思いを馳せたり…我が家にはアンモナイトの化石入りの石板のテーブルが今もあります。

    こちらは図書館でパラパラと流し読みした程度ですが、大小の丸い粒や複雑な曲線で構成された断面は、医学書で見た臓器の断面写真に酷似していて驚きます。

    縞瑪瑙はさながら腫瘍のある患部のようですし、インクルージョンのある瑪瑙は脳のスライド、オーシャン・ジャスパーは細胞の組織写真…セブタリアン・ノジュールの写真なんてドクターから「これがあなたの…」と取り出された時点で死を覚悟するような禍々しさ。グロテスクです…

    美しいと感じたのはセラフィナイト、ラブラドライト、また風景画のように層をなした瑪瑙(風景石)

    小学生のころ読んだ「石の花」に出てくる孔雀石(マラカイト)は想像したより不気味、菱マンガン鉱(インカローズ)はチークにしたいような紅色。
    9割が瑪瑙(ジャスパー)の写真だったので他の石も見たいなー。

  • 図書館で拝見し、載っていた写真のひとつに一目惚れしたため購入しました。
    重厚でまさに図鑑といった趣です。
    めくるだけでわくわくとした気分になってきます。
    中身としては全体的に瑪瑙が多く、たくさんの鉱物を見たい!という方にはあまり向かないかなといった印象です。
    写真が多く大ぶりで綺麗なので、図鑑としては十分楽しめると思います。

  • <めくるめく色彩と造形の煌めき>

    『不思議で美しい石の図鑑』というタイトルだが、石を網羅的に分類して整理した本ではない。
    登場する石の大半は、瑪瑙やジャスパーと呼ばれるもので、鉱物学的には「不純物を含んだ多く含んだ石英」で一括りにされ、宝石にも分類されないものである。
    その意味で、石について鉱物学的にまとめた、総覧的・学術的な図鑑ではない。ある種の「不思議で美しい石」を集めた、1つの魅惑的な世界への水先案内人となる本である。

    瑪瑙は、宝石の下のグレードである貴石より低い、「半貴石」というランクに属する。石英中の酸化鉄などの微量成分が熱の作用などでさまざまな色や模様を生み出す。多様な色彩が層上に織りなす形と色のハーモニーは息を呑むほど美しく、見つめるほどに吸い込まれるような奥深い世界が広がっている。
    一見、何の変哲もないような石の内側に、秘められた美が眠っていることもある。

    産地ごとに、特徴的な模様があることもあり、そうしたものは地名を冠した名称が付けられる。
    古代には、その不思議な美しさから、護符として使われていたこともあるという。

    本書の中で、最も目を惹く1つは、まるで森や山河などの風景を写し取ったような風景石(パエジナ・ストーン)だろう。
    17世紀には、こうした石が数多く蒐集され、珍奇なもので飾り立てた「好奇心のキャビネット」(「驚異の部屋」(ヴンダーカンマー)の家具バージョン)にも使われたりもしたという。
    風景石にはまた別の展開もあって、フラクタル理論から、実際の樹木と風景石の樹状構造の共通点が論じらてもいるそうだ。これは、『かたち』http://booklog.jp/users/ponkichi22/archives/1/4152092408の主題にもつながっていく話なのかもしれない。眩暈がするようだが、本当に理論的に証明されていくのであれば非常に興味深い。

    著者の本業は書籍の装幀であるそうだが、瑪瑙の世界的コレクターとしても名を馳せているという。子どもの頃はまったく石に興味などなかったが、長じて、瑪瑙や風景石の画像に強く惹かれたのだという。美術的な観点から石の世界に引き込まれたのであり、鉱物学は最近学び始めたのだそうだ。
    しかし本書中の解説は十分におもしろく(おそらくは鉱物学の専門家が書いたのではないために余計親しみやすくもあり)、石の画像と併せて不思議な世界へと誘ってくれる。
    収録された写真の石は、ほとんどが著者のコレクションであるというのもすごい。

    石の写真には番号が振られており、巻末に産地等のまとめがある。語句の索引もあり、「図鑑」としても工夫が感じられる好著である。


    *あとがきの最後の一文が洒落ている。

    *小型犬、チワワの産出地として知られるメキシコ・チワワ州は縞瑪瑙の一大産地でもあるのだそうだ。

    *中学の時、美術で、曲線を等高線のように密に描き込んで美しい模様を作ろう、みたいなお題があったんだよなぁ・・・。ラインアートとでも言えばいいのか。瑪瑙の縞を見ていたら思い出した。

  • これが石なのか、と思うほどに美しい石の写真がたくさん載っている図鑑です。天然のものとは思えないほどに鮮やかな極彩色のものから、石の中に絵画があるように見える模様まで多種多様で、必ず惹かれる石に出会えると思います。写真集ではなく図鑑を名乗っているだけあり、石に関する知識も充実していて満足できる一冊です。
    (建築学科 B3)

  • ほとんどが瑪瑙……。確かに綺麗だけど、期待はずれかな……。

  • 瑪瑙やジャスパーなどの幾何学的な極彩色が模様の美しい石の写真がオールカラーで多数収録されており、まさしく石のグラビア写真集といった本。
    瑪瑙化した恐竜の骨などは自然の計り知れない美的センスを感じ取ることができ、一日中眺めていたい写真ばかりです。
    説明文は簡潔で、学術的な分類を説明するというよりは詩的な比喩表現を用いた石への感想・賛辞が多くどのページを見ても著者の愛が溢れています。
    値段が少しはるので購入にはちょっと勇気がいりますが、鉱石図鑑で石英のグループで一緒くたにされて1ページほどしか割かれていない瑪瑙をたくさん見られるので、手元に置いて損はないと思います。
    瑪瑙、ジャスパーのほか孔雀石やコロイト・オパール、ラリマー、バリッシャー石、インカローズなどとにかく美しい色模様の写真ばかりなのが で、あまり石に興味がない人の目を引くらしく珍しく家族もページをめくっていました。
    風景石も多数掲載されています。

  • タイトルが石だよ、石!鉱物じゃなかったーーー!主に瑪瑙カラー写真で構成されてます。こういっちゃなんだけど禍々しい色合い。深海にありそうな色合い。毒もってそうな色合い。自己主張激しい色合い。←色合い色合いうざい?(笑)カビっぽくも見えるのよね(笑)天眼石がひと粒はいったブレスレット持ってます。あれ可愛い。トルコでナザールボンジュ(だっけ?)も買いました。インクルージョン含んだものは植物をそのまま閉じ込めたようにも見えます。風景石も面白い。綺麗な石を家具の装飾として使ってあるのを見ると日本の玉虫厨子を思い出します。

  •  石が見せる造形の世界を、めのう、ジャスパーなど石英を主な成分とする石を中心に紹介した図鑑。石の模様は熱、圧力、溶解、沈殿、混合、冷却、固化、変質、破壊、風化、再形成といったさまざまな作用によってつくりあげられており、それは、「数千、数万、数億年という地球の活動の産物であり、地球の生の記録の断片」であるという。
     人の想像力を超える摩訶不思議な美しさに、ただただため息。

  • 美しい石たちです! 物語がうまれそうなその姿に
    みとれました!

  • 宝石ではなく、貴石。半貴石。の不思議な魅力を見せてくれる図鑑。
    メノウ、ジャスパーなんかをメインに風景石なども掲載。
    他にも模様が美しいものが多数載っているので、単なるキラキラしい宝石よりもちょっと石の個性が好きな人にはお薦め。

全26件中 1 - 10件を表示

山田英春の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
加藤碵一
セオドア・グレイ
有効な右矢印 無効な右矢印

不思議で美しい石の図鑑に関連する談話室の質問

不思議で美しい石の図鑑に関連するまとめ

不思議で美しい石の図鑑を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

不思議で美しい石の図鑑を本棚に「積読」で登録しているひと

不思議で美しい石の図鑑の作品紹介

華麗なる瑪瑙やジャスパー、妖艶な模様石、風景を宿す石や化石・隕石など、自然の奇蹟が堪能できる、スーパー・ビジュアル図鑑。世界的瑪瑙コレクターとして知られる著者秘蔵の名品約380点を一挙公開。

ツイートする