3D地形図で歩く日本の活断層

  • 24人登録
  • 3.33評価
    • (0)
    • (1)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 柴山元彦
  • 創元社 (2016年7月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784422450025

3D地形図で歩く日本の活断層の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 活断層についての解説。3Dの地形図はあってもなくても良い感じがする。

  • 3D地形図の文字が小さくて判読できないのが残念ですが、地図好き、地形好きの方には、たまらない一冊です。
    横ずれ断層部で河川が屈曲したり、断層部で山の尾根が浸食されたケルンコル、浸食されずに残ったケルンバット、三角末断面等等、初めて知りました。景観や地図を見る目も変わります。
    関西の断層の紹介が多いです。著者のフィールドと関係しているのかもしれません。

  • 請求記号 454.4/Sh 19

全3件中 1 - 3件を表示

柴山元彦の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
リンダ グラット...
寄藤 文平
宮崎 興二
石原 慎太郎
恩田 陸
伊賀 泰代
アンソニー・B・...
スティーヴン ワ...
有効な右矢印 無効な右矢印

3D地形図で歩く日本の活断層の作品紹介

どこまでも続く山並み、深い谷――。美しい日本の風景の秘密は、じつは活断層にあった! 地震大国・日本において名前ばかりが独り歩きし、誤解されることも多い「活断層」を正しく楽しく知るための入門書。全国のユニークな34の活断層にスポットを当て、断層がつくり出す地形の妙を、3D地形図をはじめ多くの地図やイラストで浮かび上がらせる。現地へのアクセスや断層にまつわる歴史・観光情報も満載で、ガイドブックにも最適。

3D地形図で歩く日本の活断層はこんな本です

ツイートする