上方伝統芸能あんない:上方歌舞伎・文楽・上方落語・能・狂言・上方講談・浪曲・上方舞

  • 37人登録
  • 3.25評価
    • (1)
    • (3)
    • (6)
    • (2)
    • (0)
  • 9レビュー
著者 : 堀口初音
  • 創元社 (2011年10月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (127ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784422700762

上方伝統芸能あんない:上方歌舞伎・文楽・上方落語・能・狂言・上方講談・浪曲・上方舞の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 表紙がかわいい。

    中身も歌舞伎、落語、能、文楽など、色んな芸能を分かりやすく紹介。レイアウトも丁度良い。
    それぞれの作品の内容とかではなく、実際に見に行きたいけど、どうすればいいのか分からない人向け。

    もっと知りたい人には本を紹介していたり、チケットの取り方、服装、着物を着て行きたい人はどの様なものが良いのか等々、実践的な内容。

    参考になりました。

  • もっと身近に。。。

    上方歌舞伎
    文楽
    上方落語

    狂言
    上方講談
    浪曲
    上方舞

  • 京都女子大学図書館での請求番号は、「772.16/H88」です。

    日本の伝統芸能、と聞くと格式高くて敬遠しがちですが、その芸能がどんなものか、客席心得などがフルカラーで載っています。初心者にもわかりやすく、読んでいて楽しい一冊です。

  • 上方歌舞伎のインタビューに愛之助さんが答えていらっしゃるv

  • いくらぐらい?どこでやってる?何着ていけばいい?いい席って?拍手はいつしたらいい?……なんて事まで教えてくれる柔らかガイド。

    装画 / 三上 亜希子
    本文イラスト / 天野 勢津子
    装幀・組版 / 上野 かおる・吉見 まゆ子(鷺草デザイン事務所)

  • 上方の古典芸能(上方歌舞伎、文楽、上方落語、能、狂言、上方講談、浪曲、上方舞)に興味を持った人の足がかりの1冊としても、すでに親しんでいる人が読むコンパクトな1冊としてもいい。装丁・デザイン・イラストがとても美しい。著者と制作スタッフの女性ならではのきめ細やかな工夫が随所にみられる。若い人にはこの文字の大きさでいいけれど、中高年にはややフォントが小さいかも。

  • 配置場所:摂枚普通図書
    請求記号:772.16||H
    資料ID:95120192

  • 思わず見に行きたくなる、そんな気にさせてくれる。どう見たらいいの?どんな服でいけばいいの?そんな疑問にも答えてあるなど、痒いところに手が届く素晴らしい一冊。

  • 『上方伝統芸能あんない』堀口初音著 2011.10 創元社

    ブックデザインは上野かおるさん+鷺草デザイン事務所です。
    天野は文中イラストを10数点
    描かせていただきました。
    初心者の方向けのわかりやすい解説と、きれいな
    デザインで好評です。

    ネッツ関西/イラストレーター・天野勢津子/デザイン・上野かおる

全9件中 1 - 9件を表示

上方伝統芸能あんない:上方歌舞伎・文楽・上方落語・能・狂言・上方講談・浪曲・上方舞を本棚に「読みたい」で登録しているひと

上方伝統芸能あんない:上方歌舞伎・文楽・上方落語・能・狂言・上方講談・浪曲・上方舞を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

上方伝統芸能あんない:上方歌舞伎・文楽・上方落語・能・狂言・上方講談・浪曲・上方舞を本棚に「積読」で登録しているひと

上方伝統芸能あんない:上方歌舞伎・文楽・上方落語・能・狂言・上方講談・浪曲・上方舞の作品紹介

京・大阪の風土と人々によって育まれた上方伝統芸能。インタビュー多数掲載。

上方伝統芸能あんない:上方歌舞伎・文楽・上方落語・能・狂言・上方講談・浪曲・上方舞はこんな本です

ツイートする