翻訳できない世界のことば

  • 1741人登録
  • 4.07評価
    • (124)
    • (126)
    • (83)
    • (6)
    • (2)
  • 169レビュー
制作 : 前田 まゆみ 
  • 創元社 (2016年4月11日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (112ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784422701042

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ホルヘ・ルイス ...
ヨシタケ シンス...
原田 マハ
本谷 有希子
スティーヴン・ミ...
宮下 奈都
エラ・フランシス...
アンジェラ・アッ...
瀧本 哲史
夏目漱石
又吉 直樹
ミック・ジャクソ...
有効な右矢印 無効な右矢印

翻訳できない世界のことばの感想・レビュー・書評

  • 読んでいてとても楽しい、魅力的な本。
    イラストレーターでもある著者が若い女性のせいか、どちらかと言うと
    情感豊かな言葉に偏った気もするが、それでも楽しい。
    翻訳できない言葉の奥に、その国の歴史や文化が垣間見えてくるし、
    その言葉を使う人々の暮らしに想像を巡らすという楽しみもある。
    その上、手描きの文字とイラストが暖色系で可愛らしい。
    イヌイットの棲み処である「イグルー」も、この著者の手にかかると妙に可愛い。

    日本語からは【木漏れ日】【ボケっと】【侘び寂び】【積読】がチョイスされ、
    その説明には舌を巻いた。
    いやぁ、侘び寂びをこんな風に解釈したことがなかったな。
    【生と死の自然のサイクルを受け入れ、不完全さの中にある美を見出すこと】
    ですと。・・しかも、読むとそんな気になってくるし・(笑)

    ブラジルには【愛する人の髪にそっと指を通すしぐさ】を名付ける【カフネ】と
    いう名詞があるという。なんと官能的な!ああ、クラクラしてくる。
    アルコール好きな国民が目に浮かぶ、【ウィスキーを一口飲む前に、上唇に感じる
    妙なムズムズする感じ】を表す【スグリーブ】というゲール語もあるのが笑える。
    同じく笑ったものは、マレー語の【ピサンサブラ】。
    これは、バナナを食べる時の所要時間であるらしい。大体2分だと言う。
    アラビア語の【グルファ】は【片方の手のひらに乗せられるだけの水の量】だと
    言うから、灼熱の地でその貴重な水で喉を潤す人が見えてきそうだ。

    傍らに置いてつれづれにページを開き、開いたところを読んで何度も楽しめる。
    イラストの日本語の文字に誤字が多いのが玉にキズ。
    言葉を扱った本なのだから、もう少し丁寧な編集が欲しかった。。

    それでも素敵な一冊だから、友人の誕生日プレゼントにしようかと考え中だ。
    最初と最後に寄せられた著者からのメッセージも、慎ましくてとても素敵。

  • 偶然聞いていたラジオ。
    【翻訳できない 世界のことば】
    その書名の響きが心に残る。
    図書館で検索をかけたら、ありました!
    貸し出し中だったので、さっそく予約!

    書名だけを聞いたので、どんな本かわからぬまま手に。
    著者は20代の女性。イラストレーター。

    他国の人に説明するのは難しい日本語はたくさんある。
    考えてみると、日本語に限ったことではないよね。
    日本語に簡単に訳せない世界のことばはたくさん!

    この本に掲載された翻訳できない言葉は51。
    知らなかった言語も。

    翻訳できない日本語って何だろう…?
    想像しながら読んでみる。

    この本では4つ。
    『木漏れ日』
    『ボケっと』
    『詫び寂び』
    そして、そして、『積ん読』

    『詫び寂び』は、説明できないと聞くことがあるので、うん、うんと思いましたが、『積ん読』は思いもよらなかった!
    20代の著者ならではの気もする。

    2ページに1語とイラスト。
    楽しみながら読みました。

    この本のカテゴリは何だろう?と思いAmazonを見てみると、”外国語学習法”、”旅行会話集”でした。
    ちょっと無理やり???

  • 絵本のような装丁で情報量は決して多くないですが、ぱらぱらとページをめくる度に柔らかな色彩のイラストとともに新しい発見があります。
    少数精鋭で選ばれた言葉のなか、日本語は最多出場タイの4つが登場しています。作者の琴線に引っ掛かるものがあったのでしょう、中には本好きには耳が痛い単語も…。

    他の言語では訳せない言葉だからこそ、その国や地域特有の光景や文化が言葉から伝わってきます。特に景色を表現する言葉はつい想像を膨らませ、いつか足を運びたいと思うほど羨ましくも感じます。また、日本固有の言葉に込められた文化や所作も大切にしていきたいと思いました。
    ユニークな切り口でまとめられた本。他の言葉ももっと知りたい。

  • 「apple=りんご」のように1語対1語で翻訳できない言葉たちを、カラフルなイラストと共に紹介した大人の絵本。

    まさに「積ん読」してましたが、本日読了。
    先に続編の『誰も知らない世界のことわざ』を読んだのですが、個人的にはこちらの方が好みです。

    “それ”を表す言葉がある、ってことは、つまりその言語を話す文化圏の人にとっては“それ”が特別だということ。
    日本語の「ボケっと」を「何も考えないでいることに名前をつけて大切にしているのってすてきだね!」なんて言ってもらえると、何だか嬉しくなってしまいます。
    そんな、様々な言語の「すてき」を見つけていくのが本当に楽しい!

    読み終わるのが勿体なくなる1冊でした。

  • 他の国のことばではそのニュアンスをうまく表現できない「翻訳できないことばたち」を世界中から集めて、素敵なイラストとともに1冊の本になった。
    日本語からは「ボケっと」「積ん読」「木漏れ日」「わびさび」が。確かに翻訳できないが、この表現しかできないことばたち。
    「積ん読」になってたが、「ボケっと」しながら読んだ。「木漏れ日」の中にいるような温かさ、表現できない「わびさび」の世界を感じられる本。

  • 邦題より原題が素敵だ。

    「Lost in Translation」

     ソフィア・コッポラの監督デビュー作(だったと思う)の映画と同じタイトル。この映画でスカーレット・ヨハンソンを知ってファンになったんじゃなかったかな。そんなところでも好きな映画の一つ。
     外国人が日本で(というか異国で)暮らす中、言葉の通訳で意思の疎通が上手くいかないということをモチーフにして、人と人のコミュニケーションのすれ違い、言葉だけでなく、相手の気持ち、自分の気持ちを伝えあうことですら、送る側受ける側で、けっして同じニュアンスで伝わっていないことを揶揄しているストーリーだった(と理解している)。

     そんなことを思い出しながら、本書で紹介されている51の単語をひとつひとつ眺める。言語の種類は30種類ほど。その言語ではひと言で表現できるが、多言語ではそのニュアンスが伝わらない、あるいは多くの言葉を費やさないと正しく理解してもらえない単語が並ぶ。

     例えば、スウェーデンには「水面に映った道のように見える月明り」をひと言で表す単語(mangata/モンガータ)がある。あぁ、素敵だなぁと思う。なぜ、その言葉が出来たのだろうかと、北欧の長い夜に想いが飛んでいく。バルト海、ボスニア湾には穏やかに波が立ち、月明かりが美しい道を海面に描いているのだろう。
     そしてその思いを補うように味わいあるイラストがひとつひとつの言葉に添えてある。

     そういえばと、ロシアに語学留学した後輩が日々の課題に追われ、寝る間も惜しんでロシアの小説を読み込んでいるときに出てきた未見の動詞を辞書で引いた時、「小さな女の子がスカートの裾を摘まんで片足を後ろに引いて膝を少しまげて会釈すること」という意味と知った瞬間、「んな単語、一生使うかー!」と辞書を壁に投げつけたという話を思い出したりもした(笑)
    (残念ながらロシア語で紹介されているのは別の単語だった)

     そう、言葉は民族の文化、思想だ。
     仏の小説家アルフォンス・ドーデの「最後の授業」で主人公は「一つの国民が奴隷となっても、その国民が自分の言葉を持っている限りは牢獄の鍵をもっているのと同じなのです」と語る。
     そんな”鍵”の数々が、この本の中には素敵なイラストと共に、陳列されている。

     日本語は、何が載っているかと言うと、
    「木洩れ日」「ぼけっと」「侘び寂び」、うーん、ちょっと違うような、というか、もっと他にあるような気もする。もう一つが「積ん読」。これんなんか、「積んでおく⇒積んどく⇒積ん読」というダジャレから来ているというニュアンスが果たして著者である20代イラストレータのEllaは理解していたかな、とちょっと心配になる。
     彼女のサイトはこちら。
    http://www.untranslatablebooks.com/
     素敵なイラストで、それを見ただけでも本書は手に取りたくなる。

     ゆっくりゆっくりと時間のある時に、チラチラと読みながら、その言語を使う人たちが、どんな想いでその単語を生み出したのか、どんな環境にあれば、その状況、感情を、ひとつの言葉で言い表したくなるのだろうかと想像を膨らませたいと思う。

     commuovere(涙ぐむような物語にふれたとき感動して胸が熱くなる・Italian)というほどのことはないが、いろんなことを考えさせてくれる心が豊かになる良書だ。

    ※カテゴリは悩んだけど「詩集」が似合いそう。

  • あぁ、なんて世界は言葉で満ち溢れているのだろう。
    てっきり辞書絵本のようなものを想像していたのだが、その言葉の意味だけでなく使っている人々や光景をも想像させる本であり、久しぶりに言葉を噛み締めつつ読み終えた。
    旅行本ではないのに、世界を旅した気分。
    絵も素敵だし、本好きな人にプレゼントしたくなった。

  • 他言語に簡単には翻訳できない言葉…

    そこには独特の文化が隠されているようでドキドキします。

  • 翻訳できない、は上手く1対1に出来ない、くらいの意味です。
    で、元が英語圏なので、そういう事を言い表す適当な語・言い回しが英語にない、という感じですね。
    例えば、ヤガン語「マミラピンアタパイ」は「同じことを望んだり考えたりしている2人の間で、何も言わずにお互い了解していること。(2人とも、言葉にしたいと思っていない)」なのですが、日本語だと「以心伝心」とか「暗黙の了解」という奴なのでは……とか思いました。
    日本語からは「ボケっと」「積ん読」「木漏れ日」「わびさび」がチョイスされていました。積ん読(≧∇≦)

    これ、ラジオとかで5分間番組とかにできそう……
    そしてその方が元の言葉が脳に残りそう。

    訳者・日本語描き文字 / 前田 まゆみ
    デザイン / 近藤 聡、中野 真希(明後日デザイン制作所)

  • 他の言語で言い表せない各国の興味深い単語を取り上げて、絵とちょっとした文章で説明している「絵本」。

    数ページ読んだときには、「もう少し具体的に、他の言語とはどう違うのかとか、用例とか、そういうのがあったほうがいいのに」なんて思ったんですが、ページをめくっていくうちに、あぁ、これは、読んだ人が頭のなかでいろいろな想像を巡らせるためにちょうどいい分量なのかも?と思い始めました。

    そして、この本、一人で読むんじゃなくて、いろいろな国の人達と一緒に読みながら、その言葉について思いついたことを話し合ったりしたら楽しそうだな、とも思いました。

    例えば、ドイツ語の「Drachenfutter/ドラッヘンフッター」。直訳すると「龍のえさ」。でも、意味合いは、旦那さんが奥さんの機嫌を取るために贈るプレゼントなのだそうだ(笑)。
    日本でも、悪いことを隠すために奥さんにおみやげ買って帰るとかあるけど、それを一言で表す単語はないよね。それに、日本では、怒ってる奥さんを表すのは指でツノを作って表したりする。それって「鬼」ですよね。ドイツでは、怒ってる奥さんは「ドラゴン」で、日本では「鬼」。きっと、他の国では違うもので表しているんだろうなぁなんて想像すると面白い。発表しあったら、きっと盛り上がる(笑)。

    アラビア語の「グルファ」。片方の手のひらに乗せられるだけの水の量、という意味なのだそうだけど、なぜこんな単位が必要なのかと考えると興味深い。私達の生活より、ずっと水が大切なものなのかもしれないなぁ、とか考えさせられる。

    へー、と流してしまうようなページ(言葉)もあるけれど、じっくりと考えてみたい言葉もある。こんな言葉を集めることができた著者の方の感性は素敵ですよね。


    イラストレーターでもある著者さんが描いた絵もいい感じ。
    そして、その絵に添えてある日本語の手書き文字が、またステキ。訳者さんが描いたらしい。
    そして、はじめに、本文、あとがき、などで使われている手書き風のフォントがいい味です。このフォント、ほしいっ!

    図書館で借りてきて読んだのですが、この本は、自分で購入して、本棚に入れておいて、たまに取り出してめくりながらニヤニヤするのが正しい付き合い方だと思う。

  • 意思を伝える言葉。この成り立ちに民族差があり、そこに価値観文化に潜む底流の謎がある。日本語からは木漏れ日、ボケっと、侘び寂び、積ん読がエントリー。絶滅が懸念される民族の言語まで幅広く取り上げ、感性に訴えるイラストとともに、言葉で何を表現したいかの独自性、多様性に面白味を感じる。グローバルと対極にあるローカルを大切にしたいとの思いを抱かせる。

  • サウダージってそんな意味だったのね。歌の名前としか認識していなかった。

    「語れないほど幸福な恋に落ちている状態」を何度も経験するってどんな人生なんだろうな。何度も恋に落ちることはあっても、複数回経験するにはそれを終わらせないと行けないわけで、そうなると、幸福な恋とは言えない思い出になっちゃうんじゃないかなあと思うんだけど…。
    大人の世界は色々あるのかなあ。

  • 世界にはこんなに様々な言葉があるんだと思いました(^^)


    中でも気に入ったのは、

    ポロンクセマ(フィンランド語)
    トナカイが休憩なしで疲れず移動できる距離。

    カレル(トゥル語)
    肌についた締めつけるもののあと。

    この辺りは使えるタイミングが限られ過ぎている言葉な気がします(笑)


    あとは

    コンムオーベレ(イタリア語)
    涙ぐむような物語にふれたとき感動して胸が熱くなる。


    本好きにとって
    この言葉に当てはまるような本に出会えることは嬉しいことです(*^^*)

  • 翻訳できないことばをあえての翻訳。笑。
    イラストも可愛くて、眺めるように読む本。
    日本のことば「こもれび」。私も大好きなことば(^^)。

  • 書評で読んでずっと気になっていた本。
    本屋でたまたま面置きされているのを見て「連れて帰らねば…」と思って購入。
    期待通りのいい本だった…。
    作者の感性が素敵。
    日本語からは「木漏れ日」「ぼけっと」「侘び寂び」「積ん読」が引用されている。
    ハワイ語の「アキヒ」=「誰かに道を教えてもらい、歩き始めたとたん、教わったばかりの方向を忘れた時」はそれ分かる〜!!となった。
    作者の言う通り、人間は同じ素材でできている。故に感じることもみんなどこか似ていて、そういう悲しみ、喜び、切なさ、美しさに震える心、その他諸々の言語化されていないものにある国のある文化では、注目し、名前を付ける。
    何に注目するかは培ってきた文化によってそれぞれ違う。
    言語や文化の多様性と受容性。それらを優しいまなざしで描いた本だと思う。

  • 色んな国の言葉に精通していないと作れない本だし、それを訳した訳者もすごい。
    その国が何を重視しているのかが分かって面白い。

  • ハワイ語のakihiは、歩き始めたとたんに教えてもらった道を忘れてしまったことを表現する言葉。この様な、他の国の言葉に訳すのが難しい単語が52語、イラストと共に紹介されています。
    日本語からは「ボケっと」など4語収録。
    それぞれの言葉から、その国の文化が感じられます。(日高門別)

  • 世界中のひとが、ことばにならない気持ちをもってる。ことばにするとすっきりしてぱあっと心が放たれたようになるけど、まあ、自分の国のことばで言えないなら言えないなりで、それでいい気もする。イラストと解説がたのしい。

  • 先に読み終えた家人が「題名は「翻訳し難い世界の言葉」がもっと実態に即している」と言っていた。
    家にある辞書で確認しつつ読んでいる。

  • 最初は翻訳できないという意味がわからなかったが、日本語もいくつか載っていてその言葉を外国語に直すと何て言うんだろうと考えたら翻訳できない外国の言葉もとても素晴らしいものに思えた。どうしてそのような気持ちを名詞にしたんだろうとか、色んな文化の感受性を味わうことができた。

  • 翻訳できない世界の言葉を絵と共に紹介した本。
    1ページ1ページはすんなりと読めてしまうが、手元に欲しい本。
    絵から広がる世界が、言葉一つひとつのイメージを更に広げ、感性が磨かれるような感じ。

    そして、著者の世界各国の言葉を紹介するというアイデアとその表現力に脱帽。

  • ほっこりしたイラスト、穏やかな文字、易しい文章。
    それらだけでも癒されますが、
    やはり“世界のことば”の、ほんの1単語にこめられた、
    不思議な感覚がすごい。
    日本語も少々。
    “積読”が選ばれているのが、なんとも良い♪
    あ、他の言語には無いのか~。
    アラブ語やイヌイット語のように、住んでなければ
    形成されなかった“ことば”、
    人と人との触れ合いを込めた“ことば”・・・
    素敵な気持ちが訪れる本です。

  • キュートな絵本のよう。
    愛おしい単語がいっぱい。

  • ことわざよりもこちらの方が好き。あたたかな言葉が多かった。

    何気なく使っている母語も、こうしてみるともっと大切に、その瞬間を大事にしていきたい。

    まずは「ぼけっと」から始めてみますかね。

全169件中 1 - 25件を表示

翻訳できない世界のことばに関連する談話室の質問

翻訳できない世界のことばを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

翻訳できない世界のことばを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

翻訳できない世界のことばを本棚に「積読」で登録しているひと

翻訳できない世界のことばの作品紹介

外国語のなかには、他の言語に訳すときに一言では言い表せないような各国固有の言葉が存在する。本書は、この「翻訳できない言葉」を世界中から集め、著者の感性豊かな解説と瀟洒なイラストを添えた世界一ユニークな単語集。言葉の背景にある文化や歴史、そしてコミュニケーションの機微を楽しみながら探究できる。小さなブログ記事が一夜にして世界中へ広まった話題の書。ニューヨークタイムズ・ベストセラー。世界7カ国で刊行予定。

ツイートする