将棋界の不思議な仕組み プロ棋士という仕事

  • 29人登録
  • 3.54評価
    • (1)
    • (7)
    • (3)
    • (2)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 青野照市
  • 創元社 (2016年10月19日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784422750262

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
綿矢 りさ
米澤 穂信
東野 圭吾
三浦 しをん
東野 圭吾
又吉 直樹
夏目漱石
宮下 奈都
村田 沙耶香
東野 圭吾
北野 武
有効な右矢印 無効な右矢印

将棋界の不思議な仕組み プロ棋士という仕事の感想・レビュー・書評

  • 藤井聡太四段の活躍による将棋ブームの影響を受け、手に取った。棋士はどうやって稼ぐのか、どうやって棋士になるのかわかりやすく書かれた本。将棋はネットで中継が行われており、みれば解説もあってなかなか楽しい。この本を読めば、背景まで分かる。1つの話題を2ページでまとめている。知りたいことはおおよそ書かれているものの、一般的に知りたい内容の順番で並んでいるのでもないかなあ、と思った。

  • 青野照市九段の「プロ棋士という仕事」2016.10発行です。棋士の仕事、将棋界の仕組み、将棋の第一歩 の3つの章立てです。将棋全般についてとてもわかりやすい本でした。三段と四段の差は、アルバイトと役員の差に匹敵、相撲界でいうと幕下と十両の差という比喩でした。また将棋の800勝がプロ野球の200勝投手か?も面白い例えです。また、平成23年公益社団法人化を機に、これまで会員でなかった女流四段以上とタイトル経験者の女流棋士も会員となったそうです!これは嬉しい話でした。

全2件中 1 - 2件を表示

将棋界の不思議な仕組み プロ棋士という仕事の作品紹介

昨今はタイトル戦の報道のほか、コンピューターとの対決、バラエティ番組の出演などで将棋の棋士は認知度が高くなった。しかし将棋界の仕組みや、どうやったら棋士になれるか、棋士がどんな生活をしているのかといったことはほとんど知られていない。本書は棋界に入ってほぼ半世紀になる著者が、将棋界の仕組みや棋士の本音をエピソードを交えながら面白く読者に伝える。将棋界がすべてわかり将棋が10倍楽しめるようになる1冊。

将棋界の不思議な仕組み プロ棋士という仕事はこんな本です

将棋界の不思議な仕組み プロ棋士という仕事のKindle版

ツイートする