アトランティスの少女 (ノーチラス号の冒険 2)

  • 20人登録
  • 3.64評価
    • (3)
    • (1)
    • (7)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
制作 : 平井 吉夫 
  • 創元社 (2006年4月4日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (248ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784422932323

アトランティスの少女 (ノーチラス号の冒険 2)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 幼い頃夢中になって読んだ童話のように心が弾む。
    しかしまさかこんなところで○る黒猫に会えるなんて…

  • ファンタジーになってきた〜6ヶ月の航海の内にトラウトマン船長はノーチラス号の沈めることを決意して,チャネル諸島に子供らを降ろすが,3週間前の新聞でかつての乗組員だったアナロクスがヴィンターフェルトに捕らえられたことを知り,フェリーに横付けして少年たちを乗艦させ,大西洋に向かった。鋼鉄の戦艦に体当たりをして損傷したノーチラス号は200m程の棚に引っかかり,船外活動でドームを発見する。そこにはガラスの棺に眠る少女とその番人である猫がいた。片眼の黒猫アロナクスと意思が通じ合うようになったマイクであったが,少女はヴィンターフェルトに捕らえられ,浮上したノーチラス号の乗員も囚われの身となる。少女が目覚め,それを守ろうとする猫が撃たれると,少女の力が解放され,軍艦が崩壊の危機に直面する。息絶え絶えになったアロナクスをマイクが救うと,嵐も収まり,乗組員は解放された〜アトランティスを沈めたのは,王が持つ神秘の力だった・・・おいおい

全2件中 1 - 2件を表示

ヴォルフガンク・ホールバインの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
上橋 菜穂子
米澤 穂信
上橋 菜穂子
和田 竜
ヴォルフガンク・...
上橋 菜穂子
有効な右矢印 無効な右矢印

アトランティスの少女 (ノーチラス号の冒険 2)はこんな本です

ツイートする