科学史からキリスト教をみる (長崎純心レクチャーズ)

  • 15人登録
  • 4.50評価
    • (1)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 村上陽一郎
  • 創文社 (2003年3月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (175ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784423301142

科学史からキリスト教をみる (長崎純心レクチャーズ)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 【選書者コメント】科学史、キリスト教、一見共通性の見られないテーマが歴史を通じて関係しあう様を見る。
    [請求記号]4000:628

  • 科学とキリスト教はどのように折り合いをつけてきたのか、以前から気になっていたので非常に興味深かった。

    whig史観的な二元論、今日の様々な事柄に当てはまる問題なのだろうと思う。
    神学によって統一されていた学問大系から、自由思想家たちが人間理性を最高位に置いた信仰解釈を経て、啓蒙時代には神からは自由な細分化された学問になっていった、「脱キリスト教」の流れは本当におもしろい。

全2件中 1 - 2件を表示

村上陽一郎の作品

科学史からキリスト教をみる (長崎純心レクチャーズ)の作品紹介

1543年、コペルニクスは地動説を発表したためにカトリック教会によって弾圧されたのか、それとも褒められたのか?ガリレオ裁判をはじめ、われわれは「宗教と科学の対立」という見方で捉えがちであるが、ホーリー・デザインの解明を求めた16〜17世紀の「科学」は教皇庁の推奨をうけたものであり、近現代の科学とは大きく異なるものであった。学問体系からキリスト教的枠組が取り払われる18世紀以降を近代と位置づけて、聖俗革命という概念を提唱してきた著者は、常識にとらわれず異文化として歴史に向き合うことの意義と面白さをとく。さらに、環境破壊はキリスト教が元凶かという問題に踏み込んで、環境問題が提起する人間の欲望充足の限界を論じる。平易な語り口で自然科学の歴史のみならず近代学問の歩みを辿るとともに、現代われわれが直面する近代科学技術文明の弊害の根を問い、新しい倫理を展望する講演。

科学史からキリスト教をみる (長崎純心レクチャーズ)はこんな本です

ツイートする