人魚たちのいた時代―失われゆく海女文化

  • 16人登録
  • 3.50評価
    • (1)
    • (2)
    • (2)
    • (1)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 大崎映晋
  • 成山堂書店 (2013年7月17日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (181ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784425947317

人魚たちのいた時代―失われゆく海女文化の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 1920年生まれ、大崎映晋(おおさき えいしん)氏の「人魚たちのいた時代 失われゆく海女文化」、2006.4発行です。石器時代からの長い歴史を有し、日本と韓国の一部にしかいない海女文化、最近では昔ながらの姿を見ることは殆どできなくなったそうです。石川県・舳倉島、房州・御宿、伊豆、伊勢・志摩など、それぞれの地域に根付く海女の暮らし、海女の文化、風習をまとめた作品です。深度数十メートル、ひとつ間違えば命を落としかねない厳しい仕事、だからこそ、明るく奔放で天真爛漫な姿がまぶしいのでしょうか~!

  • 「潜る人」を読んで大崎映晋に興味を持って読みました。写真家なのでもっと写真を入れてほしかったです。文章だけでは分かりづらいのと、自分の体験を書きたいのか海女文化を書きたいのか、読み物としてはウーンという感じ。「ストレス解消の口開け」「てべらの思い出」など面白い事は面白いのだけど、、、

全2件中 1 - 2件を表示

大崎映晋の作品

人魚たちのいた時代―失われゆく海女文化はこんな本です

ツイートする