BOTTLIUM ボトリウム-手のひらサイズの小さな水槽-

  • 77人登録
  • 3.92評価
    • (3)
    • (5)
    • (4)
    • (0)
    • (0)
  • 8レビュー
著者 : 田畑哲生
  • 成山堂書店 (2013年10月11日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (84ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784425955015

BOTTLIUM ボトリウム-手のひらサイズの小さな水槽-の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ボトル・アクアリウム。
    汀こるものさんの小説やら、コンラート・ローレンツ『ソロモンの指環』で興味を持ったアクアリウム。
    家にあったらお洒落だろうなー。
    メンテナンスの水替えは思ったより簡単そう。水温の管理が難しそう。
    いつか挑戦してみたい。

  • 美しい写真を眺めたかったのだが、デザインの点で不満が多かった。
    ボトリウムは女性がターゲットのようだが、やたらピンクや水色のカラーサンドを多用してて、ちょっと悪趣味…。男性が無理して女性向けのデザインを考えているかのようだ。砂の色じゃなくて、水草や水の美しさに癒されたいのに。

    魚があまり写っていないのも残念。水草好きは草だけで充分なのかもしれないが、インテリアとして飾っておくことを考えたら、魚やエビがいないと一般人には放置して苔が生えた水と同じに映る。食器を使用したものも、海草入りのお吸い物みたい。スネールと水草しかないボトルというのもどうかと。。
    魚をマクロで撮影するのは難しかったのかもしれないけど、合成でもいいから魚をはっきり写してくれた方が良かった。

    極めつけは、特に美しい訳でもない一般人女性がモデルポーズでちょいちょい脇に写っていて鼻につく。

    作り方の説明は初心者に優しく、水草水槽は難しいけど、これならやってみる気になる。
    ボトリウムの本はこの作者の物しかないようなので、他も読んでみることにする。

  • ボトリウムを急にやってみたくなったので、入門書として読んでみた。これを読んでからネット検索してご本人の動画の存在を知り、そちらも見て繋がった部分もあるので、これだけだと初心者には難しいかも。全く知らない所からだと、レイアウトも全く分からないので、たくさん美しい実例がたくさん載ってて助かります。この通りにやるのは難しそうだけど、足がかりには良さそう。独特なテクニックも色々載ってますし。

  • やり方も書いてあるとはいえ、これだけで写真のようなボトルアクアをいきなり作成・維持するのは難しいと思う。
    ビーシュリンプとか絶対すぐ落ちるぞ。
    写真はきれいだし眺めて楽しいけど、目的というかコンセプトに若干疑問は残る。

  • 作らなくても、見てるだけで綺麗!
    作ってみたけど、この本のやり方の水替えだけではちゃんと綺麗になってくれない。
    やはり月に一度は大々的掃除しないとダメなのだろうか。

  • やってみたい!「水草を愛でる」という感覚が新鮮だ。手軽に挑戦できそうというのも魅力的。長持ちさせる工夫とか、始めるに当たっての注意とかがもっと詳しく載っているといいんだけど。

  • テーブルにつつましやかに置かれているBOTTLIUM。何とそこにはお魚が。水草が醸す愛らしい演出が思わず口許を綻ばす。日本庭園を模して和風にもできれば、思いっきり原色なトロピカルにもできる。小さくとも絶大な存在感がある。光と影を絡めれば一端の芸術作品。後半ではこのBOTTLIUMの創作方法を具体の材料と道具を示しながら、初心者でも理解できる優しい解説が施されている。

全8件中 1 - 8件を表示

田畑哲生の作品

BOTTLIUM ボトリウム-手のひらサイズの小さな水槽-を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

BOTTLIUM ボトリウム-手のひらサイズの小さな水槽-を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

BOTTLIUM ボトリウム-手のひらサイズの小さな水槽-を本棚に「積読」で登録しているひと

BOTTLIUM ボトリウム-手のひらサイズの小さな水槽-の作品紹介

今日から始められる、かんたんアクアリウム。食器や花瓶を利用して、水草や石をレイアウト。お魚や貝類も入れられます。お手入れは基本、水替えだけ。

BOTTLIUM ボトリウム-手のひらサイズの小さな水槽-はこんな本です

ツイートする